スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

ひのきにあなをあけたもの

糸日谷 晃

メモ

2011加筆修正

 歯固めとは何だろう?

「歯固めはなくても良い。」と言う方がいる。
 なくても良いものかもしれない。





何でもかんでも口に入れてしまうので、あえて、与えなくても良いだろう。

しかし、
大人から見たら、噛むだけの物だけれど、

赤ちゃんにとっては、




手触りを楽しんで、形を楽しんで、たたいて楽しんで、


唇にあたる感覚を楽しんで、香りを楽しんで、舐めて楽しんで・・・、





それは、
徐々に芽生えてきた感覚を刺激するための


『おもちゃ』
なのだと思う。





だから、
私は、その為のおもちゃ「歯固め」があっても良いと思う。



芽生えたその感覚を大切にするためにも、
与えたいと思う。

そして、
どうせなら口あたりの良いものを与えたいと思うのだ。

それはやはり、人工的な合成ゴムや樹脂などではなく、
自然素材で作ったものがふさわしいと思う。





噛み応えのある自然素材。





幸いにも私は木の加工が少しだけ得意だ。
なので、自分で試しながら、さわりの良いものを作ってみた。

ただ、それは、私の感覚であって、
赤ちゃんにとって、どうなのかは分からないけれど、


喜んで貰えたら嬉しい。





幸い、プレゼントした兄や友人の子からは、喜んでもらえているようだ。
関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。