いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



動物パズル

本日は 恥ずかしながらオリジナルのパズルをご紹介。

まだ試作の段階ですが、大目に見てくださいね。



acaf176bjpeg13匹の動物パズル(仮)です。

10×16.18cmの長方形にピッタリ収まります。



分かりづらいと思いますが、

ぞう、うま、たか、やぎ、いたち、にわとり、ぶた、りす、

やまあらし、いぬ、へび、かんがるー、ぺんぎん、

6d4bcfa2jpeg、、、です。 



各パーツのネガが、他のパーツのポジになるように作りました。

切り取って捨てる部分が出ないように、

隙間が出来ないように、と注意して。



切るのに失敗してしまったので、ヤスリをかけて誤魔化すのは、

ご愛嬌。。。。



幾何形体で構成されたパズルも世の中にはたくさんありますが、

私はやっぱり動物をモチーフに作られたパズルが好きです。

また、ある程度、厚みのある作品が好きですね。



パズルとしても遊べるし、厚みがあることで、ちょっとした積み木にもなります。

バラバラの状態だと、動物の人形としても遊べます。



しかし、作る側にしてみると、とても大変です。

まず、モチーフにした動物が誰にでも分かるような形でなくてはいけません。

犬なら犬らしく、ゾウならゾウらしく。

どのようにデフォルメして、モチーフの動物らしくするか。

それが、よく目にする動物であれば、なおさら気を配らなければ、

形の不自然さが分かってしまいます。



また、同時にネガとポジの関係を考えながら作らないといけないので、それが更に難しい。

ブタの足の隙間に、

いたちの尻尾がきて、

その前足の・・・・、、、、、、

・・・といった具合です。



ひとつ、形を修正すると他のピースの形も変わってくるわけです。

あちらを立てればこちらが立たぬ。という言葉がありますが、まさに、その通りですね。



そして、製作段階でも問題が出てきます。

鋭角でパーツを作ると、木材の加工の段階で、苦労するんです。

糸ノコと言えど、細かい図面を作ってしまうと、線の通りに切れないこともあります。

また、細い部分は割れやすくなったり、尖っていると危険だったり、

遊ぶときのことも考えないといけません。

そんなときは、また図面からやり直し。。。。



パズル一つ作るのも、色々と大変なんですね。





みんなに認めてもらえるような、そんなパズルを作っていきたいものです。









-------------------------------------

作品ギャラリーは、ホームページにて、
→こちら

木のおもちゃ 作品のご購入は、ネットショップから
→こちら




関連記事

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://itohiya.blog.fc2.com/tb.php/6-15a577a6

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。