スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

黒谷川の自然を守る会

糸日谷 晃

以前の記事で少しだけ触れましたが。。。

住む町に、ボランティア団体があります。

こちらに越してきて、早々にメンバーに加えていただきました。



「黒谷川の自然を守る会」

2000年10月に生まれた団体で、楽しく活動するがモットーです。

黒谷川は昭和30年頃まで人々の疲れを癒す川であり、子どもの遊び場にもなっていたそうです。
しかし、人々の記憶から徐々に忘れ去られ、荒廃し、ゴミが捨てられるような川となってしまいました。



会は、昔の景観を取り戻すと共に、川と触れあい、楽しむことを目的とし、次世代もまた次の世代もずっと自然を残せるようにと日々活動しています。


他のボランティア団体と全く違うところは、行政に頼らず、

何を行うにも、全て会員の力だけで運営されているということでしょうか。





紅葉などは、種から育て、植樹。

そうめん流し、餅つき、筏流しなどのイベント。

「のんびりいこ屋」、「あかなめ小屋」という小屋の建築。

森、川の清掃はもちろん、町の人の為に憩いの場を提供する事も活動の一環です。





最近では、 別荘・西山荘が出来つつあります。

「西山」に建てられたので西山荘です。

川のせせらぎが聞こえ、紅葉が沢山植えられています。 くわの実がなり、山芋や栗林のある黒谷川農園が真前にあります。

勿論、会員の御手製です。



間伐材や倒木を使い、手鋸、ノミ、カンナなどで、時間をかけて作られています。





建物が出来たら、今度は内装を充実させていったり、かまどを作ったり・・と、まだまだ時間はかかりそうです。

完成予想図はありません。

その日、その日でどうするのかが決まります。







これもひとつの楽しみなのです。




関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。