スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

ふらり

糸日谷 晃

名古屋遠征をして まいりました。
簡単ですが感想やらを写真で紹介。




「キャットウォークin名古屋」
P1080959.jpg

これまで、和の空間や自然の中、色のないギャラリーなどで展示することが多かった。
今回の展示で、
自身の造形(からくりや木のおもちゃ)が
現代的な建築、モダンでクールな環境に置かれても、調和するデザインと確信。

車が大きくなる予定なので、
今回の展示品よりも、もっと大きな品を作らねばいけない。



P1080976.jpg


帰路、思い立ち
平等院鳳凰堂に立ち寄る。
鳳凰の描く曲線は、自身の目指すモノに近い様子。

P1080969.jpg

仏像彫刻を鑑賞。
彫刻、建築に限らず、優れた造形物は、線の一つ一つが美しい。
きっと、どの時代、どの人種でも、同じものを見て驚嘆するのだろう。










P1080990.jpg


宇治を散策中、見つけたブロンズ像
「源氏物語 宇治十帖」
ふたりの昔話」に通じるものを感じ、記録撮影。

P1080991.jpg


哀愁とでもいうのだろうか。
漂う佇まい。


物語を想起させ、鑑賞者も想いを投影できるモノだと思う。
彫刻作品。




このような表現を、
手間のかからない、2、3千円の品でできるだろうか?
と考え、幾年。

「なんかいいな」
そう想い、誰しもが、ちょっと手を伸ばせば届く、造形品
そんなものがあったらいいなと考えて幾年。



ハードルは、いくつもあり、
目指すところはずいぶんと遠くにある気がする。




まぁ、
ぼちぼち行きましょう。






関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。