いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



一日

  • 2014/05/25 13:24
  • Category: 雑記
とある日の過ごし方。

午前、

今後のイベント準備。
工作教室の説明書変更。
その他書類仕上げ

途中、廊下でスズメバチに遭遇。 
トイレの前、スリッパに陣取っていたので、申し訳ないけれども対処。
その後、出張ホテル予約、検索、駐車場なども。
注文品の対処、在庫確認。
材料確認。



午後、

放置していた裏庭の草刈、ネギ採集。
一輪挿し用に植物採集。
お昼はネギラーメン。

ガラコロたちを制作。
カラーオーダーのため一部変更。
箱詰め、一部発送。

木くずにまみれ、シャワー。
髪が伸びていたので、そのままバリカンで丸刈り、長さ3mm。
風呂場で天井裏へ通じる穴を発見。

余った木材でスズメバチ対策 兼 家の修復。

・・こんな感じ。




裏庭では、青梗菜が種をたくさんつけていました。
穂?が垂れて地面につくくらい。
来年用の種にしましょう。

5月の初めに蒔いた種も一部、芽が出ていました。
(何を植えたっけ?)

基本は放置なので、発芽率は20%未満でしょうか。
狭い庭なので、それでちょうど良いかもしれません。
強い種だけが残ります。
きっと、良い実をつけてくれることでしょう。
(でも何を植えたっけ?)


草刈は、基本素手で引き抜き、堅いものは鎌で刈っています。
近くで見る分、雑草でも花があればよく見えます。

虫も。

その他、色々な発見がありました。





今回は閃いて、一輪挿し用に壁のツタを採集してきました。
ツタの線が活きる気がします。

P1080926.jpg

立派な一輪の花を挿しても良いですが、
野の花だってきれいです。


世界に一つだけの花

世界に一つだけのツタ










そして・・、
今年も蜂の季節がやってきましたね。

毎年、室内にてスズメバチを何匹か見かけます。(3センチほど、たぶんキイロスズメバチ)
きっと天井裏に巣があるのでしょう。

今年に至っては、普段過ごす部屋のちょうど真上から低い羽音が聞こえます。
まだ、羽音は少ないので巣作りや子育ての最中といったところでしょうか。



頭をバリバリ刈っているときに、
偶然にも侵入経路と思しき個所を発見したため塞ぎましたが、
次に見かけたら、思い当たる侵入経路がないので、お手上げです。


でも、直接に害がなければ殺生はしない主義なので放置です。
蜘蛛やその他虫を見かけても見ぬふりをします。


基本的に、何事にも不干渉です。 


もちろん、自身の生活を脅かすほどになれば、
話は別です。
また、ムカデほどの能力になると、対処もまちまちですが、
寝ているときに布団の近くに来なければ、基本これも放置です。


気密性の高い家であれば、
ムカデも外に出れず、その結果何度も遭遇する事になってしまうため、
ついには刺されるかもしれません。 
対処した方がリスクを減らせると思います。

しかし、我が家は隙間だらけの古い家なので、
すぐにどこかへ行ってしまいます。

間違って入ってきただけ、と考えています。


スズメバチも、好きで人の居住空間に入ってきたわけでなく、
窓のところでガラスに何度もぶつかって出たがっています。

不干渉のため、逃がすでもありませんが、
数日後、弱って、窓のところに横たわっています。


これが良いのか悪いのか、


いっそスプレーで殺した方が良かったかもしれません。
でも、いつの間にかいなくなっていることもあります。
隙間を見つけ、外にでれたのでしょう。


運が良かっただけなのか、
それとも賢かったのか。



賢くありたいものです。



なんにせよ、
今年は、穴を見つけて塞いだので、
私にとっても、蜂にとっても、不幸を減らせることでしょう。









なるようになる。
なるようにする。








とある日の
私の一日でした。




関連記事

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。