スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

ブログ

糸日谷 晃

何気なく、
ブログを眺めている。

パソコンのバックアップデータを復旧していく最中、

昔に登録したブックマーク見ながらを整理してゆく。




ヒトさまのブログを見ることは、まず無いので、

ブックマークにはあまり入っていない。


そんな中、
西田氏のブログのブックマークを久しぶりに見る。




何気なく、
ブログを眺めていた。






記事のいくつか、心当たりがあった。


記事数は多くないけれど、
概ね、自身が関わっていると思われる記事は、
生意気な発言をしていたり、動物に置き換えてある。

また、ヘンテコな大阪弁を話して登場するものもある。








そして、ある記事を見つけた。

 このマグカップには見覚えがある。
 我が家にあるものと一緒だ。





西田氏が亡くなられて、
奥様の引っ越しを手伝いに行ったときに頂いたもの。

 「うちの人のだけど、あなたが使ってくれるならあげるわよ」 と。


・・・
 他人にコーヒーを入れるという経験は、
西田氏が初めてだった様に思う。
博物館は 少ない人数でシフトを回していたこともあり、
事務所で二人きりになることも多々あった。

 一緒にいて、共通の話題といっても、
なかなか浮かばない。


しかし、あまりに沈黙が続くのも苦手。






今思えば、亡くなられる前、、、体調が悪かったのだろう。
よく咳をされていたので、

西田さんのコップが空になっていたら、コーヒーを入れるよう心掛けていた。

 それをきっかけとして、お互いに話が始まるのだ。
「最近咳がひどいですね? 風ですか? 大丈夫ですか?」
「大事にしてくださいよ。」

なんて、、、 体調のことから始まり、世間話や、ものつくりのこと、若い頃の昔話、くだらない話・・・。



・・





当時、自身は全くコーヒーを飲まない人間だったので、
粉の量には困惑したもの。
 ・・



それを思い出して、
コーヒーを入れる。

ちょっと苦い。









心によぎる

 ≫「もっと薄いほうがおいしいと思いまへんか?」
 ≫「・・いや、糸日谷君、こんな話があるんだ・・・」










・・






ひとつ、咳払いをして、

今日も筆入れでコーヒーを飲む。







0779.jpg








西田氏のブログ記事
http://d.hatena.ne.jp/aquio/20080623






関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。