スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

2013年、巳年となりました。

糸日谷 晃

2012年は、


多くの物事に触れる機会があり、
多くの方の想いに触れる機会があり、


私の人生の中でも、
非常に多くの事を学ぶ事が出来た一年でした。






それら学んだ事の中の一つに、

 「一方ではなく、双方の力や想いなどがなければ、
               良い物事は生まれない。」



といったものがあります。

2013
本年十二支は-巳

その教訓を蛇の置物として誕生させました。












年賀状2013画像用





 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


なお、へびぃハートは
「ふたりの昔話」の流れを汲みながら製作しました。
  ※ふたりの昔話については、こちらの記事を参照の事。
    http://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-184.html




題材は、ヘビ、ハート、ほこら(家)です。


作品の中にはハートが2つあります。
 一つは、ぱっと見て分かる通り、木を切り抜いたハート。



もう一つは、暗に示しています。
ヘビを向かい合わせると、
2匹の頭をつないだ線がハートになります。




また、ヘビは一匹だと倒れてしまいます。
2匹で支え合えば自立しますが、
ほこら(家)の外では、
なかなかハートが乗りません。

 周り(ほこら=家)の支えがあって、

より良く、
想い(ハート)や、子どもを支え育む事が出来るのです。
 (ハートは、「想い」のほか、「子ども」を象徴しています。)
 P1080626.jpg






----------------
 ・ハート
  ↑(支える)
ヘビのカップル
  ↑(支える)
ほこら(家・周囲の力)

----------------


こちらの作品には、

恋愛成就、
家庭円満、
子宝祈願、
子供の健やかな成長

・・など、
 デザイン化して込めていますが、


他にも、
あらゆる負荷に耐え、強く生きる事。

をテーマに盛り込んでいます。

 ※タイトルの言葉、
ヘビぃ「ヘビとheavy」、
ハート「想いと重い」、
といった言葉遊びを交え、


古来より生命力の象徴として、神の使いとも称される「ヘビ」が
負荷に負けないようふんばっている姿で描いています。


関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。