スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

鳥取わらべ館 工作教室、子供向け簡易からくり工作キット はたあげ人形

糸日谷 晃

さて、今月ももう終わりですね。

おととい土日は、山口アーツ&クラフト2012へ出展してきたわけですが、
 振り返れば、
今月は、ブログ記事が一つしか公開されておりません。




楽しみに見てくださっている方も~、
もしかしたら・・いるかもしれません
(見てくれていたら嬉しいのですが。)
 ・・ので大変に申し訳なく考えております。
すいません。

 毎月、3回の記事更新を目指しております。
よろしくお願いいたします。







ではでは、
10月、駆け込みのひと記事、書かせていただきます。

 今月は、6日、
鳥取のわらべ館にて、工作教室を行ってきました。
 今回のイベントでは、事前に参加者が集まらなかったようで、
当日、とあるスタッフさんがキットを紹介して回って下さいました。



いやはや、感謝感謝。



そのおかげで参加者も増え、
ゆったりとした教室と相成りました。




題材は、はたあげ人形。
(小学校低学年~)


はたあげサンプル



最近、特におすすめしているキットです。
作ったら、ゲーム感覚で遊べるタイプの工作キット。

 一人遊びではなく、親子で、兄弟で、友達で

声を掛け合いながら、
コミュニケーションをとりながら遊べるキットで、
剣と盾を持たせるなど、操り人形のように遊ぶ子もいます。

 旗揚げ遊びをする際は、

声をかける方も、旗を操作する方も、
なかなかに頭を使います。
 大人同士で勝負しても結構白熱しますよ・・。







キット制作では、ボンドはもちろん、トンカチや、ぺんちも使います。
紐を結ぶ作業もあります。



子どもさんには、
物つくりの醍醐味、いくつかの道具を使う経験となり、
初めて「紐を結ぶ」経験になる子もいるようです。

 加工IMG_5500


・・・そして、組み立てたら、
色付け、飾り付け、

 加工IMG_5507加工IMG_5506
加工IMG_5505加工IMG_5508
加工IMG_5509加工IMG_5503





どうでしょう?


順位なんて無いわけで、
これが一番!と言う話でもありませんが、





今回の教室では、

最年少、4・・?  3歳だったかな?






あまりに小さいお子さんの場合は、
「親が工作キットを作って、色塗りは子ども。」

といったパターンがお決まりですが、



お母さんの的確なサポートもあり、
紐を結ぶ作業も応援しながら

ゆっくり~ゆ~っくり~
教えたら出来てしまい・・・・
 なんと子供さんが自身で作ってしまって・・
・・・ビックリしました・・・・。
 (アンケートには、  むずかしかつた  に、○が付いていました。)

 また、
ひとり変わった見方でキットを作る男の子がいたので触れておきます。
 工作教室をしていると、たまに出会うタイプの子です。



わらべ館のスタッフさんに聞いたところ、

この子は、工作イベントがあると必ず参加するらしく、
この日はお母さんも一緒に来て下さいました。

 何が変わっているのかというと、


はじめから、
人形を「人」に見立てずに作っていたという所。
 彼は人を「宇宙」に見立てていました。




はじめは、手の部品となる所へロケットを付けて、
「ロケット飛ばし装置」の様にする話でしたが、


フェルトなどの飾り付け用素材、
木の材料を見るたびに、あれしよう、こうしよう、

ロケット、月、星、木星、地球、
旗は日本の国旗にして・・

と、
次々発想が浮かぶようでした。






また、
私や、お母さんのアドバイスを聞き、
実行するかしないか、判断。
 良いと思えば、色を塗りなおすこともする。




こちらとしても、
どこでサポートに入れるか、

どんな的確なアドバイスが出来るか、
精一杯でした。
 ・・

これがいかに凄い事で、素晴らしい事か

分からない人も多いんだろうなぁ・・・。
 
それは、
 「自分のやりたい事、発想をしっかりと持ったら、
それを実現させるためにどうすればよいか、
考え、聞き、労を惜しまず実行する術を持ちつつある。」

という事。







大人でも出来ないのにね・・・。


「やりたいと聞けば、出来るだけ参加させてあげる。」
素敵な親御さんでした。

この子の場合は、本当に、

「工作」をする行為が彼を育てている。

そんな面もあるのでしょう。

それだけではないでしょうけれどね・・。

人によっては、お絵かきだったり、音楽だったり、スポーツだったり・・・
色々でしょうけれど。




とりあえず、
私は、工作教室をすることで、彼のような子をサポートして、

あまり関心のない親御さんにも、工作の意義、
面白さや手作り品の価値を見出してもらうとしましょうか。

 ・・・

教室の終わりには、
当日のアンケートをスタッフの方に見せていただきましたが、
中には、

「普段わからない子どもの一面を見る事が出来ました。」

というような記述を下さった方もいて、


少しはお役に立てたかな。
と一考。



嬉しいですね。

 さて、

私もそろそろ、
きっちりと旗揚げしていかないといけません。
 ぼちぼち頑張ります。

関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。