スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

(2012) アートクラフトフェスティバルin丹波(ACFT)など 

糸日谷 晃

9/29-30(2012)

アートクラフトフェスティバルin丹波(ACFT)に行って参りました。

 一時は台風接近の情報が入り、
どうなるものかと、戦々恐々としておりましたが、
 初日は、天気も良く、
盛況となりました。







3m×3mのテントを持参し、
狭いながらも、そこで工作教室を行ったのですが、

ありがたい事に、
常に誰かが工作をしている状態で、大変賑やかな一日を過ごす事が出来ました。






開始時、
まずお母さんに時間の事を尋ねるようにしていたのですが、
 皆、
「特に急いでいませんので、大丈夫ですよ。」
という方ばかり。

 そのおかげで、子どもたちは、

ゆ~~~~~~っくりと、時間をかけて、
 自力で、好きなように、

心の赴くまま~~~

満足いくまでぇぇぇぇ~ぃ、
工作に没頭できたと思います。






うん、これぞ、いとひや工作。
 紐を結べるようになった子、
トンカチの使い方を覚えた子、
説明書の漢字を覚えた子、
 ・・
言い尽くせぬほどに、


いろいろ感じて、考えてくれているんだなぁと感じました。。

 中には、
お母さん方にもいろいろ発見があったようで、
 一例を上げますと、



「紐を結べますか?」
との問いに


「うちの子はまだ小さいので結べません。」



・・
なんて答えた直後、
「あれ?」
 その隣で、お子さんが紐を結んでいるじゃないですか。

 「どこで覚えたのかしら?」
と、お母さんに心当たりが無いようでしたが、



話を聞けば、お母さんは裁縫が趣味のようで
「きっと見てたんでしょうね。」
と、なんだかほっこりしました。

・・・・・・



思った以上に、子どもは成長していて、
 色々してあげなくても、自分で出来るようになっていて・・・

 工作教室を通じ、

そんな事も、感じていただけたのではないかと思います。
 彼らの中で、

今日の経験が何かの折りに芽吹く事を願っております。

 参加者作品一例)

 97.jpg
96.jpg












そして、翌二日目・・・、朝、

台風の影響で、雨、風。
 悩みに悩み・・・

今回は撤収することに・・・、

 そして、

この時から、運命の歯車は回り始めていたのかもしれません・・・・。


 ---------
臨時撤収でバタバタしていた帰りのこと、
 「糸日谷君、荷物多そうだけれど、うちの車に積んでいこうか?」




そう、
私の車はコンパクトカー。



テント3つにテーブル4台。。
椅子やら、作品やら、工作用の材料やら・・・
その他もろもろで・・・


なにを隠そう、


『よく車に入ったね、それ』状態だったんです。

もちろん、天の声を聞き逃す訳もなく、
 「是非!!」
とお願いすることに。




そして、帰宅・・



途中、体力が尽き、
車を路肩に寄せ気絶。。








時間をロスし、
無事、自宅へ帰還。
 雨の中、
荷下ろしを済ませ、片づけ。




そして、
預けた荷物を取りに知人のお宅へ。
 
そして、伝説へ。

(完)

 いやいや・・・、
 これまた不思議な話なのですが・・・、

 荷物を取りに行く道中、
雨がやみました。
 そして、
知人宅の前に車を停めて、車を降りて、数歩・・・
 「プップップー!!!」



クラクションの音です。

 振り返れば白い車。





ん? あの車はどこかで・・・




あれは、良くしていただいてる方の車。

(倉敷の展示の際は、ご飯に連れて行ってくれた・あの方です。参考記事→リンク







そして、



「あ、小黒さんが乗ってる・・・。」







そうです。
小黒三郎さんです。
 組み木、糸のこの第一人者、
小黒三郎さんです。




もう一度言います。
小黒さんなのです。

 なんという、偶然。

そして、タイミング。






道路上で、お互いが車に乗っているような、

そんな状態では、
すれ違っても、手をあげて終わってしまうでしょう。

はたまた、車を停めて一分もしたら、
私はその場にはおらず、遭遇出来ていないでしょう。
雨が止まなければ、
話す機会はもちろん生まれません。





絶妙なタイミングでの遭遇。



そもそも、荷物を預けていなければ、ここを通る事はありませんし、
帰り途中に、気絶しなければ、時間も大幅にずれていたわけです。







そんなタイミングで会えた事で、
あちらも車を停めてくださり、


お話しする機会が生まれました。

 そして、皆さんと少しの間お話し、
それでは・・・  と別れました。

その後、 預かっていただいていた荷物を頂き、
 「では、コーヒーでもどうですか?」
とお誘いいただきました。

 そして、
この後も不思議なのですが、




「コーヒーでもどうですか?」の後、



車は、そのまま置いて構わない状態のようでしたが、
 なんとなく気になり、移動。

 そして、すぐに戻ればよいものの、
 「あれ、そういえば、シュークリーム持っていたな?」
と思い、
車の中を探す事2分ほど・・・・

見つからず断念。

 そうして、車から降り

ふと見ると。。。








「ブゥーーーン。 ブブ・・」





あれ、あの車は。。。



お馴染さん??

(以前の工作教室では、はたあげ人形を作って下さいました。参考→リンク





「ブゥーーーン・・・ガチャ。」




「いやー、偶然ですね~!!」

 これまた、ほんと偶然。
 車に戻らず、コーヒーを頂いていたら、遭遇は不可。

 シュークリームを探さなければ、遭遇は不可。
 もちろん、

荷物うんぬん
雨うんぬん
気絶うんぬん

でもあります。







そんなこんなで、

あちらも車を止めてくださり、
立ち話。

 そしてなんと、このお方、
丹波の会場まで足を運んでいたとの事。
 あちらの会場ではお会いできませんでしたが、
まさかここで会えるとは・・・、

 ほんとに何とも不思議な話。





丹波の会場からここまで、
高速を使っても2時間半ほどかかります。
 そんな場所で、しかも、ここは前人未到の山奥です。
 (嘘です・・・とも言い切れない山の中腹。)

 とても不思議。









なんだか、久々にワクワクわくわくした、
不思議な、ふしぎな2日間でした。


関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。