スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

新体操 平均台  からくり人形 オルゴール作り 先生へのプレゼント オリンピック

糸日谷 晃

先日、オリンピック(ロンドン五輪2012)が開催されましたね。



色々な競技、種目が行われましたが、
個人的に興味があったのはテニスと体操。
テニスは、中学、高校、大学、と自身が行ってきた経験から、
多少の知識や経験があるため、見ていて楽しいし、わくわくします。
 また、気になる選手もいるため、見ます。

 一方、体操の方は・・というと、
良く分かりません。


技や難しさについても、ほとんど分かりません。
 好きな選手も、もちろんいません。

 なぜ興味があるのかと言えば、

生き物の体の形や
その動き方に興味があるためでしょうか。
 体操は、
人の動作、その難しさや構成、表現などを
評価するものだと思うのですが、

では、
それを極めた人は、

どのように、
跳んで、しゃがんで・・

動くのか。



そこに興味があります。
 私も、人並みには

形の面白さ、美しさを感じる事が出来るし、
その動きの面白さ、美しさも感じる事が出来ますので(たぶん)

しかしある時、

その感覚は、
もしかしたら他の人と違うのかもしれない。


そう考えた時がありました。







というのも、


多くのファッションモデル、
雑誌のトップを飾るような人からは、

形の美しさをあまり感じないからです。
 そのためか、

アイドル、グラビア、モデルなどの話になっても、
話についていけないところもありました。


けれど、大抵の場合、
何か言った方がよい状況ですので、(どんな状況?)


テレビでよく目にする(した)様な、
人の名前を並べていました。

興味のある、美しいと感じるものは、
洗練された動きを必要とする人々。


または、その体の一部。


例えば、スポーツや体操、格闘技、などの選手。
 職人の手や、腕、
など。






もちろん、動物や魚、昆虫など、
生き物はなんでも観察するのが好きです。

(※昆虫は、苦手なものも多し。)





ついつい、じっと見てしまいます。
 魅力的な興味深い形をしていると思います。















話は、変わって・・
モノを作るにあたり、
人を形にする事を好みません。

そんな意識が、昔からありました。

 ------



人間が、
一番多く目にする生き物、

それはやはり、人間だろう。






普段、目にすることが多いせいか、
少しでも、形がゆがめば、違和感を感じてしまう。
 それは、デッサンを学んだ人でなくとも、一緒。



学ばずとも、
やはり、どこかで、

なんか違うな・・と思う。
 例えば、二枚の全く同じ絵があったとする。
しかし、一方は、人の形を若干、
不自然な形にゆがめているとする。

どちらが、ゆがんだ絵なのかと聞いたなら、

「こっちの方が、不自然かなぁ。」

と、
なんとなく、多くの人が分かってしまうだろう。
 それが「顔」を描いた絵ならば、なおさら分かりやすい。
 デッサン力が (ある・ない)
というのは、どこがどう違うのか、ある程度、(指摘出来る・出来ない)。
それだけの事。
(そんな言い方ばかりするから、誤解を招くんですが・・。)
 ----------------







そんなことで、

自分は、
形の違和感が分かりやすい、人を作るのを良しとせず、
 動物をモチーフに、人形を作ることが多い。





人の形をしていても、
それは、犬だったり、ネコだったり、
擬人化しています。




あくまでも、

「イメージ」

の形を作って、
折り合いをつけているわけです。

 今回、
そんな中、

気の迷いもあるのでしょうが、



人形(ヒトガタ)


モノを作ることに。









新体操、平均台、の演技、
をテーマとして。

 つまりは、
以前作った「キャットウォーク」のヒトガタです。





猫ではなく、
人をモチーフに作ってほしい

と相談され、
悩みましたが、作ってみました。
ただ、
図案を描くまでが、長かった。

 しかし、
描き始めたら、

あっという間。









参考資料をなにも見ずに、


手の角度、足の角度、 
肘の位置、膝の位置、
頭、体、足の比率、


完全にイメージです。

 P1070076.jpg







以前、キャットウォークを制作する時に見た
体操選手の演技を

頭の中から引っ張り出して来て構成。
 胸のライン、
腰のライン、

膝からつま先、
ふくらはぎから、つま先、

頭の中で、何十、何百と線を描きながら、

手で、いくつか線を引いて、消して、描く。






あっという間に、描きあがりました。

 P1070084.jpg








ただ、



机に向かって、 何もしない時間が、

描くまでが、
長かった。

ただ、
長かった。

















イメージとしては、

女性特有のエロスを感じさせない、
凛とした佇まい。
 しかし、
女性ならではの曲線、体の美しいラインを出す。

 P1070102.jpg




そして、
その中に、

「体操」の

洗練された幾何の美しさ、
引き締まった筋肉の緊張などを感じる曲線。
 P1070125.jpg


されど、
単純な形に突き詰めて、描く事。




もちろん、機械で加工できる形に、
ある程度の強度を持たせる事や、

立体になった時の板の厚さを考える事も、
仕組みを取り入れるスペースも忘れない。




・・・・

 P1070133.jpg


 どうでしょう。
 少しは、表現できていますかね。

 木の板を
二次平面で切り抜いて構成する。
 その制約の中での形にしては、
美しい表情になっていると思うのですが。。。










しかし、

出来て、
見て
分かる、





次の課題。










まだまだ、



先は長そうです。


 P1070088.jpg










まぁ、

ボチボチ

いきましょう。
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。