スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

幻の木のはぐるま採集

糸日谷 晃

今日は、

幻の
木のはぐるま採集へ出かけました。

木のはぐるまは、
からくりなどを制作する工房(これがまた少ないんです・・。)

たまに生息していると言う話。





見た事がありますか?
そりゃぁ、大抵の方が経験ないはずです!

めったに見れるものではありません。

 そんなこんなで、工房へコンタクトをとり、

お邪魔したのは、
糸日谷さんの工房。
 岡山県の北部、
中国山地の山深いところで
(いかにもはぐるまが製作生息していそうですね)、
 からくり人形や、木のおもちゃ、
オブジェなどを制作されている方です。
 木のはぐるま採集には、もってこいの工房です。

 はぐるまは夜行性のため、見れるとしたら夜と言う話でしたが、
 糸日谷さんの都合で、昼間にお邪魔しました。
 いざ!

工房へ!

 日中に見れるとしたら、工作機械の日の当らないところ、
 オイルが良くにじみ出るところにいるそうですが・・・。

 おおおっ!  いました!

はぐるまのオス♂です!!

 P1070013.jpg


なんと立派な歯!!





一個ゲットしました!!
 まさか、見つける事が出来るとは!!

(日中に見つけることは至難の業だそうで、糸日谷さんも驚いていました。)

 さぁさぁ、この調子で・・・・





おお!なんとまた!


歯車のメス♀です!!

これは奇跡としか言いようがありません!!
 P1070015.jpg





この調子で、どんどん採れるかな?








・・・
と。思いきや、
やっぱり、むずかしい。
 結局、写真の2コだけでした。。






それでも採れたのは奇跡的です。

 そして、帰り、
糸日谷さんに、お礼をし、
はぐるまの飼い方を教わって、帰りました。
 はぐるまは、
良く乾燥した木箱に入れて(段ボール箱、紙箱など木を原料としたものなら可)に入れて、
新聞紙などを敷いて飼います。


シュレッダーにかけた紙をさらに敷いてあげると喜ぶそうです。
 オイルが入った容器も忘れずに入れておきましょう。
 ※オイルは天然の100%植物性オイルにします。

 P1070016.jpg



(あ、上のはぐるまが逃げようとしてます。)









オイルが滲んできたら、
その都度、新聞紙を入れ替えます。

(キッチンペーパーなどでも、かまいません。)









数時間おきに見て、

ひっくり返っていたら、元に戻してあげましょう

※そのままにしておくと動かなくなってしまうので注意です!!











そうして、
オスとメスを入れて、湿度、温度に注意を払って

約1年・・・・
 
P1070019.jpg



なんと赤ちゃんが!!

かわいい!!

 赤ちゃんには、
新鮮なオイルを与えます。
 それこそ、数時間おきに与えないといけません。
 ひっくり返っていたらすぐに起こしてあげましょう!
5年もすれば、立派なはぐるまになるのですが、
それもまた、大変な話。







はぐるまを増やすなんて、それこそ至難の業です。









しかし、後日、
糸日谷さんから送られてきたのは・・・







驚きの写真!!
 P1070020.jpg





なんと、研究を重ね!

自己流で木のはぐるまの製造飼育に成功したそうです!!!!
 ・・・・・・ビックリです。



しかし、それは、容易なことではない事は想像できます・・・・。
 はぐるまを増やすのは大変な事です。




 ・・・・

なぁんて、
なにをやっているんでしょうか。

 今日は、展示の片づけもしつつ、
家事などをしつつ・・、
 ちらかった工房や部屋の掃除をしておりました。

(たまに遊びつつ)






はぐるま遊び動画 by いとひや↓
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。