スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

オートバイ

糸日谷 晃

突然、私事なんですが、車をもっていません。

毎日、バイクで通勤しています。


山なので、天気が変わりやすく突然の雨に逢うこともしばしば。

60キロ以上で体当たりしてくる大型の昆虫もたくさんいます。

(バイクで走った時の相対速度)


これまでは関東でぬくぬくと育ってきたので、

雨の日も風の日も、台風であろうが、雷が鳴ろうが、全てカッパを着て凌いできました。


しかし、ここは雪国。

冬になれば、路面が凍結し、雪が積もります。

当然、カッパでは凌ぎきれないので、車を買うことにしました。

そうして、ふと思いました。



木で出来た車のおもちゃはよく見かけますが、オートバイは、あまり見かけませんね。

有名なものでは、ケラー社、プレイサムのサイドカー付きなどありますが、
やはり多くはないようです。

 


そんなこんなで、
オートバイ好きの私は作ってみることにしました。
最近、スケッチを描いています。

そして、
子どもが遊びやすい形、癖のない形、二輪でもちゃんと立つように・・・など、

考えていくと、
ふと気付くんです。


ケラー社の作品に、形が似ているな、と。



                         

〈画像はケラー社のオートバイ〉
blog_import_4ea7789d56f63.jpeg
 
ケラー社は1864年にドイツのシュツッツガルト近くのコッピンゲンで創業しました。


クリスチャン・フォーゲルが家族ぐるみの小さな工房で、水力を利用して製作していました。


 ケラー社では、おもちゃを考える時、まず2、3の試作品を作り、

そこから、また30パターン程作ります。


その後、幼稚園で実際に遊んでもらい最終的な案を決めます。
いくつもいくつも作った中から一番いいものを選ぶんですね。
洗練されたデザインは、やはりそう簡単にできるものではありません。

 blog_import_4ea778a5cb27a.jpeg
 

現在では、後継者がいなくなってしまい、1888年に生産権を譲渡し、

四代目のカールロバートコーン氏は、商品のアドバイザーとなっています。
彼は、あるインタビューで次のように語っています。
 「おもちゃはこどもたちに、彼らがこれから生きていく世界の最初の印象を与えるものです。

ですから、形や機能には十分な配慮が要求されます。

私たちは新しい技術の力を借りようと考えていますが、やはり昔ながらの手作業による仕上げをいつまでものこそうとおもっています。

心を込めて子どもたちに手渡すことをその作業を通して確かめなければならないと思うからです。」
さて、
これからまた

スケッチを描きます。


どんなものが出来るのでしょうか。


どうしようもないものが完成しそうで怖いです。


関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 1

There are no comments yet.
おもちゃ好き  
No title

私は10年以上も前にこのブログに乗っている青いいレーシングカーの赤いバージョンに魅せられたモノです。人にプレゼンとして「腰痛をほぐすもの?」と思われたことにどれほど唖然としたことか(笑)。。。。同社のオートバイも買おうかとおもったのですが、残念ながらこれは違うと思い、購入に踏み切れませんでした。それから幾星霜、やっとケラー社の亡霊から開放されたデザインを偶然にも旅行先で発見したわけです。今はテレビ台の前に。いずれは階段箪笥の上で(笑)ずっと活躍をしてもらう予定です。おもちゃのデザインって、本当ーに難しいんでしょう。ありがとうございます。

2011/05/10 (Tue) 22:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。