スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

大原小学校 社会科見学  (生活科指導かな?)  からくりおもちゃ工房見学  ~ 玩具造形作家のお話編 ~

糸日谷 晃

大原小学校から工房見学の申し出がありました。

生活科の授業の一環ということで、

町探検をする中で大原の町の良いところを発見したり、
人と接する喜びを味わって貰う・・というのが狙い・・・とのこと。



旧因幡街道大原宿古町
は古い町並みが残っています。
 ※大原宿関連過去記事は、こちら→ 



(古町について)-------------------------------------------
この数カ月で無電柱化が進み、街灯が新しくなりました。
道も新たに、石畳のように舗装が直されたりと景観が整ってきましたので、
この機会に違った視点で町を眺める事も出来そうですね。

 観光ボランティアさんの話を聞く事で、新たに発見があるかもしれません。
 ※知らない方も多いのですが、観光協会に事前に連絡をすれば、本陣の中庭を見ることもできます。
 TEL:0868-78-3111  (大原総合支所内 )
---------------------------------------------------------------

さて、話は戻り。。。

へんてこ作家の話を聞くことで、
 自分たちの生活と、ものつくり、地域とのつながりを感じるいい機会かもしれません。
理解せずとも、感覚的に、住む地域の大切さを知ってもらえたら、嬉しいですね。


もちろん快諾です。





何を、話そうか、
工房で何を見せようか・・。
 全然時間がないからなぁ・・。

あれこれ。

 色々と考えた挙句、
 先生から、
「事前指導で、子供たちが色々な質問を考えている」
と聞いていたので、




時間が短い事もあり、
自己紹介と工房の機械を紹介したら、すぐに質問タイムに入って良いかな・・、と判断。

 興味のある、聞きたいことの方が頭に入るし、有意義な時間となるでしょう。。





制作途中のものや、スケッチブックなど、見てわかるような資料を持って行って、
どんな質問にも答えられるようにしようかな、

と準備。








さてさて、当日・・。


早めに到着し、準備。


その後・・・




来ました!

わらわらと、ちっちゃいのがたくさん!!


自然と笑みがこぼれます。




2班に分かれてもらい、工房へ案内。

 まずは、主な機械の説明。

 「この機械は・・  」
「こっちは・・・  」

 途中、やっぱり気になるんでしょう、
自然と質問の声が出てきて、そのまま質問タイムへ。




「それはね・・・」
「そう、良く知ってるね!」


 1.jpg
2.jpg
3.jpg






短い時間でしたが、有意義な時間となったのではないでしょうか。
子供たちに工房を見学した感想もききたいところですねぇ。
 彼らの目に、どのように映ったんでしょう・・・・・。





そして最後はサプライズ!


子供たちがお礼にと 「 smile again 」を歌ってくれました。
 朝のホームルームで毎日歌っているそうです。

 いやはや、お恥ずかしながら、この曲
・・
どこかで耳にしたことはあれど、よく知りませんでした。


もちろん歌詞なんて知りません。
なかなかに新しい曲のようで、
1995年に現役小学校教諭 中山真理さんが作詞・作曲したもの。


卒業式に良く歌われるそうです。
 

いやはや、

「子供たちが、自分のためだけに歌ってくれた」
という事もあって、

感動も一入でした。





明日晴れたら、また、笑って頑張ろう。
そう、思いました。







ちなみに翌日の空の様子は・・・・・







「曇り!!!・・・・。」

 い 







 晴れなくてもいいんです!

 曇りだってあるさ!

夏なんて、曇ったら涼しくなって最高じゃないか!!
 春先の雨!秋の雨! 風情があるじゃないか!!


 もうこの際!
 笑えなくてもいいじゃない!





???


その中から、何か一つ、見つけていこう。
 頑張ろう。
 よし。


 ・・・


そう思ったのでありました。



後日談はこちらから、
子どもたちがお手紙をくれました。
http://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-136.html


関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。