スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

草刈

糸日谷 晃

今日は草刈りをしました。
新人スタッフに課せられる過酷な労働です(笑)



博物館の前には、たくさんのアジサイと花が咲いています。


アジサイと他の花を傷つけないように注意して、

花と花の間は鎌でも無理なので一本一本、雑草を引き抜きます。



一人ではなかなか終わりません。

ふうと一息ついて顔を上げると、

ちょうど一組のお客さんが博物館から出てきたところでした。

そこには、おばぁちゃんと、息子(娘?)夫婦の三人組。



おばぁちゃん

「腰がまっすぐになった!」「歩けるよ!」



夫婦

「すごいすごい!」



・・・・。



中で何があったんだろう。

おもちゃとオルゴールの博物館なので、整体師はいないはずです。

少し不思議でした。





たしか入館する前は、ゆっくりとした足取りで 、
おばあちゃんは夫婦に支えられながら、博物館に入っていったと記憶してます。

しかし、出てきた時は、元気に一人で歩いていました。









・・・こんな話を以前、先輩から伺いました。

ご家族で博物館へ遊びに来てくれたお客様の話。



ご家族でテーブルゲームをして遊んでいたそうです。

おばぁちゃんも一緒に、楽しいひととき。



遊んでいたのは、スティッキーというバランスゲーム。

棒を、崩さないように、一本ずつ抜いていって、得点を競うもの。



おばあちゃんは、勝つために、なんとか得点の高い棒を取りたい。。

しかし、車椅子ということもあり、今の自分の位置からは、難しい。



・・そして奇跡が起きたそうです。



滅多なことでは車椅子から立ち上がらない、おばぁちゃんが、

そのときばかりは、車椅子から立ち上がって、

高得点の棒を取ることに、見事成功したそうです。







・・・・ 自分は話半分、笑い話として、先輩の話を聞いていましたが、



それは、本当なのかもしれません。 

おもちゃや、オルゴールには、人を動かす何かがあるのかもしれない。





今日、おばぁちゃんの姿を見て、妙に納得しました。











帰り道、



おばぁちゃんは、とってもいい顔をしていました。











関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。