スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

mira アンティークオルゴール

糸日谷 晃

博物館では、毎日時間を決めて、オルゴールコンサートを行なっています。

150年以上前のアンティークオルゴールをはじめ、からくり人形も紹介します。



その中に、星の名前を冠したミラ(mira)というオルゴールがあります。




製作したメルモド・フレール社は、

蓄音機の登場や、ラジオ放送開始などの影響でオルゴール業界が衰退していく中、

ミラを作っていたと聞きました。


その音色は名機と呼ばれるにふさわしい音色で、今でも私たちに感動の種をまいています。




そういえば、先日、恒星「ミラ」の寿命が尽き始めているのではないかとNASAが発表したそうです。 


当時の人は、ミラ(星)がその生涯を終えつつあることを知っていて、ミラ(オルゴール)と名づけたのでしょうか?

なんだか、色々なことを、そこに重ねて見てしまいます。

まだまだ、新人スタッフには、分からないことだらけで。
勉強、勉強の毎日です。


ちなみに、ミラという言葉の語源は、ラテン語で 「不思議な」という意味をもつ言葉だそうです。



関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。