いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



展示

行ってまいりました、

岡山骨董アンティーク市&アートクラフト作家展。





いやはや、ふたを開けてみれば、作品の販売というよりも、

工作体験に。







作品のほかに、工作用の材料も販売していたのですが、



「こんなものが出来ますよ~」といった、

店頭に飾るサンプルを作っていかなかったので、



会場で作ることに。







しばらくすると・・



「なにつくってるの~?」





と、予想通り・・・やはり来ました、

こども。







「お店に飾るおもちゃを作っているんだよー。」

と自分。





「作る?」

「うん!」





一人が作っていれば、

二人・・・三人・・・



あっという間です。







お店そっちのけで、子どもたちと工作。

作品が売れる気配もないし、まぁいいか。







いろんな作品が生まれました。

(作品は別の記事にて紹介します。)



和気あいあいと二日間を過ごしました。









しかし、残念なことも多いんです。









こんな当たり前のことは、書くまでもありませんけれど、

工作や、出店/展示をする視点から・・・・今後、誰かの、何かの、参考になれば・・・と、書かせていただきます。













声を掛けても、すっ・・と行ってしまう子も多くいます。





髭の生えた不審な人に声を掛けられたら、

それも当然ですが・・・・

・・・

いやいや。







それが理由の大半であれば良かったのですが・・、

そうもいかないようです。







周りの状況や、その子の表情、目の動きなど・・

考えると、理由はなんとなく推測できるもんです。



親・・・とか。









声をかけても、反応がない子も多いですよ。

そして、その親も同じ。



表情一つ変えずに、目もあわさず、口もきかずに、

自身に踏ん切りをつけたかのように、すっ・・と離れていく。



その様な場合、親は必ずと言っていいほど、子どもを見ていませんね。

常に、自分の興味のあるものへ、視線を向けている。



そして、こどものすぐ近くにいませんね。











子どもは、親についていくので一生懸命、

でも、興味もがあるので、あっちも見たい、こっちも見たい・・。

忙しいですね。



ふと、心を奪われ足をとめたら、

親は自分を見ていないので行ってしまう。



「待って!!」

「早くしないと置いていくよ!」



見たいけど、我慢。







また、そんな子に

「自由に作っていいんだよ?」と声を掛けても、



「お父さん/お母さんに聞かないと・・・。」

といって、悲しい顔をする子もいたり・・。



どこか、おどおどしていたり。







あーーーーあ。





そんなことは、つゆ知らず、



親は、自分が買い物をすることに夢中なんでしょうね。





そういった親は、子どもよりも自分を優先するわけですから、

子どもに対する制限も、口出しも多くなるわけで・・

かと思えば、放っておくわけで・・・



子どもは、その無尽蔵で自由なエネルギーを発揮できませんね。





かなしいことです。









工作を通じ、様々な家庭、子どもと親に触れてきて、まだ4年少々ですが、

・・わかってきたことも結構あるんですよ。





子どもの工作も、行動も、なんでも、

親によって制限される事が多いんです。





今までの工作教室の中で、



「キリンが赤色じゃおかしいよ。」

「ハートの方がかわいいんじゃない?」

「犬じゃなくて、タヌキだよそれじゃぁ。」

「こうしたらいい。  こうすれば?」

「違う、ここはこうだよ。」

「へたくそだなぁ」



・・・などなど、

数えきれないほど、



言われるがままに、

親に合わせている光景を、嫌というほど見てきました。





子どもにも、やりたいことがあるし、好きなものもあります。

自由に工作がしたいんですけどね。



何を言っても聞かないから、大人は。









それで、こどもは

「もうしない。」



と言い出すこともありました。







お父さん / お母さんは、



「はじめは良いんですけれど、最後まで長続きしないで・・・・

うちの子は、いつもこうなんですよ、習い事も・・・

困りましたね、どうしましょう・・・。」



といったり。

そんな時は、



「あぁ・・・そうですか・・・、 いつも こうなんですか・・」

「後は見ますので、他のところでゆっくりされてきてもいいですよ?」



と声を掛けます。





すると・・、好きに工作が出来るようになり、急に元気になる子も・・・。

 いつも 困った人なのは、誰なんでしょうね。









あるとき、

「やっといなくなった。」



と言った子もいました。



話をきくと、なにかをするときは、いつも口うるさく言われるという話。



「そんなこと分かってるのに、 出来るのに、」

とつぶやいてました。



まだ小学低~中学年くらいの子です。



きっと、四六時中、子どものために、一生懸命な親なんでしょう。

親としての、責任や、義務を重く考えすぎなのかもしれません。



子どもを離れたところから見守る事も大切です。





もし、常に近くにいるようなら、



子どもの友人・・とか、先輩・・といった、

もう少し子どもに近いスタンスである必要があるのかもしれません。













もしかしたら、

過剰に関わるあまりに・・・



もしくは、

関わらな過ぎるばかりに・・・





自分からは、何もできない。



何もしようとしない。



指示されたことしかしない。





・・・と、



大人になっていく子も多いんではないかと、

最近、よく思います。







社会に出たり、結婚したりして、

家から離れても



親と一緒に暮らした時間の方が長い。



そんな人が40歳になってもいるわけで、

親の影響は、計り知れないものがあると思います。



大きくなっても、

引きずってしまうのでしょうね。









親が、その子の



可能性を、

未来を、



奪うこともあるんです。







関連記事

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://itohiya.blog.fc2.com/tb.php/111-4eb8e442

Comment

関野倫宏

まっっっったく! 同感!

木工体験のワークショップを通じて、
「まず、親がマズイんじゃない?」って
思うことしばしば。

それを突き抜けてモノづくりが好きな子が増えてくれると嬉しい。

というか、じゃないとマズイ!(笑)

にょき

私もイベントしてて、子どもがふら~て寄ってきたのに、保護者が「行くよ~!」て他のとこに連れてったりすると、
あ~~~~~!もったいない!て思います。
子どもには、なんか惹かれるものがあったんだろうに、なんで邪魔するだいや~~って思う。

でも、言えない。。。ぎゅうううううう。。。

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。