スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

制作

糸日谷 晃

現在、

いくつかの作品を制作中です。





今日は、
その大まかな流れについて説明します。


まず、

色々な案をだし、その中から、いくつかの形を選びます。


スケッチをかさね、試作。



その後、動きの不具合やリデザイン、調整を重ね、

本制作です。


詳しく話しますと、

まずは、何も資料のない状態から、スケッチ。
頭の中にあるイメージ、想いを形にします。







その後、関連する資料を集めます。

大まかな形ごとに分類。

良くみられる形、一般的なイメージを形にします。
対象となる物の形を精査します。そして、スケッチ。

さらに上記2タイプのスケッチをもとにして、スケッチ。
ここで、不思議な形のもの、変わった形の作品が多数登場します。

それを、
加工上の問題、生産性、実現可能性、目新しさ、デザインの面白さ、シンプルさ、

人間工学的な面など、大きさや形・・・・

その他いろいろと考え、具体的なものにします。
ここで、多くの案が破棄されます。

指折り数えられる数にアイデアを絞ったら、
パソコンに取り込んだり、トレースしたり、



客観的に見れる形に落とし込み、
曲線を変え、比率を変え・・スケッチを重ねます。











そして少しねかせます。











・・・



形について、改めて考えます。
はたして、この形でよいのだろうか?


見慣れた形をもっと取り入れるべきか、または、より奇抜な形に仕上げるのか。




それまで自分が用意してきた基準は、おかしくないのか。

集めた資料やスケッチをもう一度見直し、考えます。
腑に落ちない時は、さらにスケッチを重ねるなど、

上記の作業を延々と繰り返します。

そして、あるとき、ふと




「作ろう。」



となります。









その判断は、どこでつくのか、
作品に対する思い入れの度合い、人との兼ね合い、様々なことにもよりますが、
 何かが、ふっとおりたような感覚です。

 いつそれが訪れるのか、
 ここまでの作業は、出口の見えないトンネルを歩いているような・・・
 自分にとっては、大変辛いものです。











そうして、試作を作りはじめます。
立体になると、また印象が変わってきますので、改善します。



動く作品などは、ここで不具合の調整などもします。
もう少し削ろうか?  もっと丸く・・・など、

イメージしきれなかった部分、紙の上では分かりにくかったところを、改善していきます。
出来るまで、繰り返します。

そして、満足ゆく形がイメージ出来たら、
 再度、図面にチェックを入れ、本制作に取り掛かります。

ここまでくると、実際に木を触る作業になりますので、やっと楽しくなってきます。












しかし、なかなか満足いかないこともあり、苦労の連続です。





その後、仕上げをどうするか悩み・・・・紆余曲折。











・・・完成。















なんだか、長い道のりです。

パッと、絵を描いて、
ガリガリッと削って、
はい、完成。



そんな方もいますが、




そのような閃きも、技術も、才能も、残念ながら持ち合わせていないので・・・

作る際には、やはり時間がかかってしまいます。

 あるとき、
 「おもちゃを一つ作るのに、なぜそんなに時間がかかるのか?」




そのように聞かれたことがあります。
 なぜでしょうか?

 実際に作る作業でいえば、



まだまだ自分は、未熟なため、でしょう。


完全な力不足。










表現のための作品つくりに関して言えば、



時間は問題にしません。


むしろ、時間をかけることの方が、意味を持ってくるかもしれません。

しかし、時に




「木のおもちゃなのだから、もっと簡単に作れるだろう。」
「なぜ値段が高いのか。」





と、言う人の意見は、









「手間はかけずに、適当に作ればいいんだよ。」




「ただの《おもちゃ》でしょ。」
 と聞こえ、









とても複雑な気分になります。


 
関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。