スポンサーサイト

糸日谷 晃

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by糸日谷 晃

取材

糸日谷 晃

先日、西日本放送の方が取材に来てくださいました。



地域で開催した、
「手作り良品展」がきっかけです。


今回は、私や黒谷川の自然を守る会のメンバーのものづくりについての取材でした。


※黒谷川の自然を守る会についてはこちら
 http://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-34.html




いろいろな質問を受けました。

「~~ですか?」

「~~の魅力とは?

「~~はどうですか?」


・・・など。



いやはや、客観的な第三者の意見や質問に触れることは、

自分の中にある別の答えを知るひとつの方法ですね。



多くを考えた一日でした。

そして、毎回、どんな時でも様々な糧を与えてくれるのは、黒谷川メンバー。



なんと!

夕方の会議にもカメラが入りました。

(入ってしまいました)





「お疲れ様です~~!」(会議に遅れて参加)

「遅いぞ!! 何やっとったんじゃ!!」

「え?  取材を受けて・・・、  いやいや、六時半集合って・・・」



「何をいっとる!!  こっちはな、四時から飲んで待っとったんじゃぞ!!」

「えぇ!?     六時半から・・・・って言ったじゃ・・・。 」



「いや!!  六時だと思ったぞ!!」

「えええ!?   六時? 違うし・・・  でも 四時から 待ってた?

なに?   どゆこと?」



「2時間半も待ったぞ!!」

「いや・・・ だから 六時半に・・・。」



「いや!!  六時だと思ったぞ!!」

「いや・・・ あの・・・。」





「六時だと思ったぞ!!」



「2時間半も待ったぞ!!」



「2時間半も待ったぞ!!」



・・

「いや・・・   あの・・・ 遅れてすいません・・・・。 (まずい大分飲んでるぞ・・・。)」







「・・・では、伺います  ・・  糸日谷さんって、どんな方ですか?」


「こいつはな!   


もぉ~~~~!  



頑固で!





偏屈で! 





どうしようもない男だぞ!!」





「わぁぁぁぁぁ!!  その通りですぅぅぅ !??」

・・・・・・・





「僕が若いころはね、寝る時間も・・・・・

こんなやつはね、作家でもなんでもないんだよ。」





「勉強させて  いただきまうすすぅぅぅ!!!!」

・・・・・





「こんなのが、成功するわけがないわ!」

「ぶちまわしてやれ。」





「いやぁぁ ぁぁ  ぁ!!!!・・・・・・・・・・。」





・・・・・・・・・・・・・。



今日は、お酒がおいしいな、あはは・・。(夜空を仰ぎながら)





とまぁ・・・ある意味内容の濃い会議でした。

それはともかく、はたして放送出来るのでしょうか。







・・・・
黒谷川の会員には、


部隊を率いて、過酷なシベリヤ抑留生活から帰ってきたおじいさん。


                 (追記、奥様のもとへ旅立たれました)
自営で何十年も1000/1ミリの世界で手作り部品を作ってきた職人さん。

東京でデザインの会社を立ち上げ、一線で活躍されてきた方。

組織の中で、上にのぼりつめた方。



・・・などなど。



いろいろなおじさん(おじいさん)方が在籍しています。

なぜ、そんな人たちが、この会に集まっているのでしょうか。

黒谷の会、七不思議のひとつ。




それはそうと、そんな方々の色々な言葉の重さ。



すべて受けることのできる器を、残念ながら持っていませんが、

こぼしても、少しずつでも拾い上げて、ゆくことが出来ればいいなと、思います。





「思うだけだろうが!!!   実際に やってみろぅ!!」


そんな幻聴も聞こえてきますが・・・。

・・・



なにかを成し遂げる方々は、やはり普通の人とは

違うのでしょうか。



今の時代に、手間暇かけた手作りのものなんて、

作家の世界なんて・・

ましてや、糸ノコ細工、おもちゃを作る作家なんて・・・



「やっていけるものか!!」

よく言われます。



それでもやるなら・・・・


!!!



死ぬ気で寝ずにやれ!!!



叱咤激励、

そのようなことを言われることがあります。



そして、  そんなとき、   私は   こう答えます。





・・・・


最低でも7時間は寝たいです!!!





・・・・


一言、「頑張ります!」 

そう答えるのが一番なのでしょうが。


・・。





ここが、頑固で、偏屈と呼ばれる所以でしょうか・・・。



この「黒谷川の自然を守る会」は、ちょっと変わった、

・・頑固で偏屈な人たちしかやっていけないのかもしれません・・・。













関連記事
Posted by糸日谷 晃

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。