いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

休暇 

  • 2015/05/26 00:56
  • Category: 雑記
先日、新宿ozoneでの展示販売のため、千葉の実家に帰りました。

「ozone展示の様子」
P_20150509_152147.jpg
以前、名古屋の展示会でお会いし、品を買ってくださった方が来てくださいました。
その他にもわざわざ立ち寄ってくださった方もチラホラ.。
久しぶりの関東圏での出展、友人達も寄ってくれて感謝感激です。



P_20150511_102520.jpg
その後は久々の帰郷ということもあり3日ほど家でのんびりと過ごし、成田山にも参りました。
両親曰く、「初詣」という話。

おみやげには米屋本店で羊羹を買いました。
ここの「昔羊羹」が好きです。
砂糖が表面にまぶしてあり、「グラッセ」のような状態、美味です、




犬の散歩にも行きました。
名前はコロ。
我家の犬は代々同じ名前です。

一年に一回しか合わない私のことを、きちんと覚えているようです。
いい子です。

足の悪い父親を無理やり引っ張りだして、一緒に散歩です。
P_20150513_163810.jpg


「そういえば、あの杖はどうなってる?」

問いかけたら、
「何回か使った。」
とのこと。
 ※あの杖とは?→過去の記事へ

「最近は杖を使わなくても大丈夫」なんて強がりを言ってましたが、
やはり使ったほうが足への負担は少ないに決まっています。.

「どこかに出かけるときは持って行けよな。」
そんな話をしました。

すると、
「車のトランクには市販のが入ってるよ。」
とのこと。

・・・・。


プレゼントした杖を大切にしてくれるのは嬉しいですが、
道具は使ってこそ意味があると思いますので・・、
複雑な気持ちです。

まぁ、杖を使うようになっただけ良しとしましょうか。




話は変わって、

以前、どこかへ旅行したとき、
誰も目を向けないような一角で、

「おはじきや、たのし」
そう書かれた行灯を見かけました。

たった8文字ですが、
妙に感動し、写真におさめました。

ここからは時代背景はもちろん、心の豊かさ、
息遣いすら感じられる気がします。



P1020859.jpg



ささやかな喜び、楽しみ、
それは日常のあちこちに転がっていますが、
大人になると忘れがちのようです。


それを見つけること、楽しむこと、
それもひとつの「豊かさ」
だと感じています。



その気持ち、
大切にしたいと思います。






何気ない日常です。
が、

掛け替えのない日常、
です。




ないがしろにしてしまいがちですが、
大切にしたいと思います。



-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



ゴールデンウィーク前半戦終了?

まずは、先週の裏庭の様子を画像で紹介。

裏庭のなんちゃって畑では、ネギ坊主ができつつありました。
P1090736.jpg

2週間くらい前に何かの種をこぼしたところは、はやくも雑草化しています。  多分チンゲンサイ。
P1090737.jpg

これは、オクラの芽。・・・多分。
P1090738.jpg

下はビャクシン。
樹齢何百年だったか忘れたけれど、巨木から挿し木で別れたもの。
以前、ぶらり旅の途中で巨木の看板を見つけ、
まぁ・・色々あって、そこの土地主のおじいさんがくれた。 
「折れた枝を土に刺しといたら根付いたんじゃぁ」
そんなことを言っていました。
凄い生命力です。
悠久の時間をお分けいただいた気もします。 ご利益があるといいな。
P1090740.jpg


さて、GW前半のお話。
下は5/3-4奈義の現代美術館前広場でのクラフトホリデイにて、糸のこ体験をした時の様子。 
P1090742.jpg
P1090745.jpg
P1090752.jpg

参加者は子どもさんが大半でしたが、お父さんがお子さんのために作ったり、おじいさんが家の飾り用に作ったり、
いろいろな年代、性別の方が参加してくださいました。

ちなみに今回は、糸のこ体験最年少記録を更新。


子ども
「これ。」
「やりたい。」

おかあさん
「まだ、○○には無理だよ~。」


いとひや
「なんさいですか?」

おかあさん
「○○くん、何歳か教えてあげて」

子ども
「・・・・・。(微妙に曲がった指でピースサイン)」

おかあさん
「この子には無理ですよねー。」

ややかぶせ気味に、
「いやいや、できますよ。」
と、私。

(なんだか、前にもこんなことが遭ったような。。。。)



親御さんに危険性の了承をいただき、いざ体験。



「まっすぐ押してねー」
「右に回すよー、こっちが右だよー、
次は反対の左だよー、こっちねー。」
話しながら切っていました。

そうしたら、言葉の雰囲気と、手の動きの法則が分かってきたようで、
しばらく切っていたら、
「次は右ー。」と言った時、ちゃんとそちら側に力が伝わってくるようになってきました。
途中から、言葉と手の動きの法則がなんとなくわかったようでした。

抱きかかえるような体勢で一緒に切っていたのですが、
私の言葉を真似して、ノリノリでしゃべっています。
「みぎーー。」 「まわしてーーーー。」「ぐるぐるーー。」

私がすぐ後ろにいるのですが、
上下に弾んでいます。
糸のこが上下に動く様に。


何度かアゴに頭突きを喰らいました。



相当楽しんでいたようです。
良かった、良かった。



子供には危ない所に、触らせない。近寄らせない。
そんな選択肢があります。

けれども、
あえてそれに触れさせてみる。それも選択。

どちらが良いのか、正しいことはわかりませんが、

子供が選べる選択肢は親次第です。
子どもの未来、その可能性も広げてあげれるのも親次第です。
親御さんがさせてあげたいと思えば、出来るだけ応えたい。



ではでは、
お次は、東京、新宿。
5/9-10にお邪魔します。
 当ブログ過去記事OZONEクラフトマーケット

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR