いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

紅葉

  • 2014/10/31 22:49
  • Category: 自然
先日、紅葉を見に行きました。


以下、写真。


P1090372.jpg
本日晴天ナリ




P1090379.jpg
カメラ越しのおじさん越しのカメラ越しの紅葉の中の白い車


P1090374.jpg
じじばば場


P1090384.jpg
僧道


P1090393.jpg
狛犬の待つ



P1090394.jpg
白秋










周りを見れば、おじさんおばさんばかり、

車から、
規則正しく、ワラワラと出てきては、
大砲の様な最新のカメラを、がっしりとした三脚で地に固定し、
決められたスポットとやらで一列に並び、スナイパーの様に紅葉を狙い、
マシンガンの様に連写する。



僕は傷だらけの安物のデジタルカメラを片手にあっちフラフラ、こっちフラフラ。

道中撮影したのは15枚ほど。
紅葉は別に撮らなくてもいい。

十二分なのだ。



-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



参加

明日から3日間、11/1・2・3と、津山のイオンホールで、展示・工作教室をします。
お時間ある方は是非。

10:00-17:00 

展示内容は、いつもの感じです。
年末に近くなってきたので、お得な品もあるかもしれません。
工作は、小鳥と家のオルゴール他、作れます。
きっと、ゆっくりと工作ができると思います。
お気軽にどうぞ。
※工作教室に参加をする場合は30分から1時間以上余裕を見てください。

ではでは。
-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



電動糸鋸盤の職人。 文字やイラストなど、木材の切り抜き加工は、工房 「いとひや」まで

本日、知人が知人を連れて工房に来訪。(工房の一般公開はしておりません。)

その折、
作業で散らかった糸鋸盤の木材の欠片を示して、

「こんな加工もしてます。」
と、切れ端を見せて話をしましたが、


改めてみると、
結構な加工をしていることに気づきました。

へびぃ♡ハートを製作した際の切れ端です。
 ※へびぃ♡ハートについて詳しくは過去の記事をご参照ください。
  http://itohiya.blog.fc2.com/blog-date-201301.html



P1090350.jpg
画面中央左の木材、ほぼ浮いています。 わかりますか?

P1090352.jpg
デザインや絵画、心理学でも「図」と「地」の関係の話が出ますが、この切れ端のフォルム、洗練されていると思います。

P1090354.jpg

P1090356.jpg

P1090357.jpg




工房を始めたばかりのころは、
このような欠片を意識して作ったとしても難しい状態でしたが、

気づけば、
この切れ端が当たり前のようになってきました。


P1090366.jpg


「上達したなぁ・・。」





もちろん、
体調不良などで集中力が欠けるような状態では
間が切れてしまうかもしれません。


興が乗ったので、
どれくらいの薄さか、ノギスで測ってみることにしました。


P1090371_20141028201637064.jpg



P1090362.jpg
P1090361.jpg
P1090359.jpg
P1090370.jpg

P1090360.jpg


7個ほど測ってみましたが、、
0.1mm~0.25mm
の間でした。


そういえば、コピー用紙はどれくらいの薄さなのだろう?
図面を印刷した紙を測ってみます。

P1090367.jpg
P1090368.jpg
P1090369.jpg


0.1mmちょっと。






とはいえ、
この様な作業を可能とする集中力を
一日中維持するのは過酷です。

時折休憩を取って、目の疲れや肩の凝り、腰をいたわります。



ただ、歯車を切る時は、ほぼフル稼働ですので・・、色々としんどい。
(宣伝。)


・どこでもギア

・はぐるまマグネット 6個入り(2個入りもあります)



ちなみに、
写真を撮るときにノギスを乗せていた台は、
薄い箇所が0.15mm厚の切れ端です。

紙くらいの薄さでも、ノギスの重さに耐えれるようで・・、
ちょうど良い高さのため撮影に使用しました。。





いままでは、
「職人を名乗るほどの仕事はできません。」
そう返していましたが、

ここのところ、
少しは職人面が出来るのではないかと思うようになってきました。



そんなこんなで・・

文字やイラストの切り抜き加工、
木製表札製作、看板製作、ウェルカムボード、
その他、子供部屋に大きな木のはぐるまを設置したいなど・・・、
なんでもござれ。
貴方のアイデアを実現します。

切り抜き加工に関しては、
NC加工、機械の様な正確さはありませんが、
上の画像の様なエッジの効いた鋭角の表現、薄い木材も可能です。
美しい断面に仕上がります。

レーザーに関しては負けません。
光線で焼き切ると焦げて断面も荒れますし、
表面にまで焦げが回ることもあります。


当方、一個でも対応できます。
もちろん、糸鋸加工に限らず、木工の技術全般、その他、
からくりなども作るので、デザインや設計、その他可能です。

木材の切り抜き加工、糸鋸の職人技、その他木工仕事、デザイン、設計・・・
ご入用の方は、工房 「いとひや」までお気軽にご一報くださいませ。







・・・
珍しくも完全に宣伝の記事になってしまいました。。



まぁ、ぼちぼちいきましょう。
-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



さつまいも掘りをしました。 ストーブの上で焼く、焼き芋が楽しみです。

  • 2014/10/16 20:15
  • Category: 自然
近所のおじさんのお宅へ用事があり、伺った所、

「まぁ上がれ。」
「早いけど、まぁ喰え」
「もう作業はせんな? 飲め!」

と、おでんとビールをご馳走になったわけですが、



その席で
「明日、芋を掘らんか?」

と相成りまして、
先日、芋ほりをしてきました。



「午前中に来い。」
とのことで、
翌朝、再度お宅訪問。


「よしきたな。  案内するからな、掘ってこい! わしはせんぞ!」


おじさんは、足を大怪我してリハビリ中なので、
つまるところの代打という事です。


報酬は、芋。


収穫の半分やろう!!」
と言います。

「いやいや、せいぜい2~3本もいただければ・・・。」



そんなやり取りをしていたら、
補足情報です。



手入れしてないぞ。
雑草だらけじゃぞ。

そして、
芋があるかもわかんぞ

とのこと。




・・
ええ~?


・・・。













そんなこんなで、
雑草を引き抜きつつ、

芋を探して掘ります。



途中、
蚊取り線香を取る為一時帰宅。



そしてまた
芋を見つけ、掘る。




途中、
なぜか、

カニが出てくる。


カニ。



芋ではなく、カニ。




まぁ、川沿いの畑なのでこんなこともあります。


ポイッと、日陰に逃がしてやり、
芋探し続行。








そして、
芋が出てくる出てくる。



結構、出てくる。



なんだこれ、
本当に芋か?









あ、カニ。







カニ






芋?


カニ


芋。。












・・・




結構カニがいる。






そんなこんなで、なかなか豊作。
段ボール3箱くらい。


・・
疲れた。






その後、おじさん宅へ届け、分け前をもらいます。
「わしは、これで良いから、あとは全部持ってけ!」



「こんなにいいんですか!?」
 


そんなこんなで帰宅後、
戦利品を携帯にて撮影。
 余談ですが、いまだに古いタイプの携帯電話を使っています。



141014_1456~01


玉ねぎとの比較をしてみました。
なんだか、ジャガイモみたいなさつまいもです。




写真、もう一枚。



141014_1457~01




大きいですねー。
玉ねぎ5個分はあるでしょうか。










そして、更にドン!




141014_1458~01



ちょっとした鈍器です。






マトモな 
さつまいもは、ほぼ無し。

特大サイズばかりです。






それらを新聞紙を巻いて冷暗所に保存。







そして、
頭の中を、おじさんの言葉が巡ります。




「でかいのは全部持ってっていいぞ!」

「でかいのはな、うまないぞ!(美味しくないぞ)」


・・・、



・・・・。








何はともあれ、
工房の薪ストーブで焼く、焼き芋。


とても楽しみです。









-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



勝山町並み体験クラフト市2014 & 鳥取わらべ館 モビール展  あと、ムカデ。

さて、明日から2日間、
勝山町並み体験クラフト市2014が開催されます。

関連記事)
工作教室のお誘いです。小鳥とお家のオルゴールを作りませんか。 
http://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-251.html



こちら、席が空いているときは随時当日参加も可能ですので、よろしければ顔を出してください。
暇そうにしていたら、話し相手にでもなってください。





そして、もう一か所、
モビールの作品展があります。

こちらも明日から。


会場は、鳥取のわらべ館、エントランスホールです。
こちらへは、作品を2点出品しております。


今回のために製作した一点モノの作品です。

タイトルは、

・ 空 -クゥ-  forest
・ anima-l 静・動

の2点です。

アニマルに関しては、
静と動の動物イメージで線を抽出、
今回は、対象とする生き物群が、より分かりやすい様に再構成しています。

前回の展示物に比べ、製作の手間は倍。
「線」の完成度もさらに高まっていると、自身感じています。

所謂一般的なモビールのイメージである「おもちゃ(前回の様な)」感ではなく、
多少の「美術工芸や彫刻」などの感が出ているのではないかと考えています。

時に時間をかけて製作している「からくりもの」が製作物の中にありますが、
それに近い形のモビールです。

自身の目指すところの形や表現です。




11月の3日までのロングラン?展示ですので、
機会があればご覧ください。

ニューいとひやが見れます。







・・・



さて、ここからは、
どうでもいい日記に話は移りまして・・、




今朝、ムカデがいました。
布団をどかしたら、そこにいました。


猫の様にくるりんと丸まっていて、寝ている様子でした。
(頭を胴体の下に入れて、光をさえぎって寝るようです。)


そういえば、昨晩、ズボンの中に何かが入ってきて(膝まで)、飛び起きて
脱ぎました。

気のせいかと考え、パンツ一丁でそのまま寝ていたら、今度は右手に何かが上ってきて、
とっさに払い即座に電気をつけ確認しましたが、何も見当たらなかったので、
そのまま寝ました。


どうやら、ムカデだったようです。



長ズボンの中に入ってきたのは今回が初めてですが、
なんどか、こんな経験があります。


しかし、
不思議と刺されない。







ので、
私も殺さない。





・・・変ですかね。

話は、今朝の時間に戻ります。





とりあえず、
猫のように丸まったムカデを

割り箸でつんつんしました。


キッ! っと奴は割り箸の方を振り向くけれど、
すぐ割り箸は引き上げます。



そうしたら、奴は丸まりました。

また寝たようです。






で、また
つんつんしました。




キッ! っと割り箸の方を振り向くけれど、
すぐ割り箸は引き上げます。



「あれ、何かが触ってきた気がしたけど。。。」
ムカデとしては、そんな感じでしょう。


昨晩の私と一緒です。




・・で、
また寝ます。





それを何度か繰り返し、

面白いやつだなぁと思っていたら、
さすがに気づいたようで、走って逃げました。



速い速い。




それを割り箸でつまんで、外に・・・


と思いましたが、
プラスチックのケースに入れて、少し観察することにしました。



この行為は以前の、「なんちゃって都会人」の私では考えられない。

ムカデを見た時点で失○しているはずです。(大袈裟ですが、それくらい虫が苦手でした。)




いまや、
完全に土着民のようです。




ムカデは昆虫界最凶との名高い昆虫です。
スズメバチと二分するような凶悪な昆虫です。


でも、我が家では、
その他のうっとおしい虫を掃除してくれるハンターでもあります。

ハンターとしては、他に蜘蛛を雇っています。
もちろん雇っているとは言えません。 労働基準法は無視です。虫なだけに。
部署は、レストルーム専属。  我が家は汲み取り式なので彼が活躍します。

あっそうそう、おとといは、8CM位のカマキリがいました。
こいつはゲストハンター。

どこから入ったやら。
ケースに入れて、少々観察した後に外へ逃がしましたが。

その他、屋外にはなりますが、
カエルが蛾の駆除のために窓辺に出勤します。  かわいそうですが夜勤です。


カエルやカマキリが家にいても殺す人はあまりいませんよね?
ムカデも、
まぁ、それと同じ感覚です。




・・・変ですかね。

話は、今朝の時間に戻ります。





じっと観察します。
いやはやハンター系の虫は皆凶悪そうな顔をしています。



うーむ、
やっぱり、
態度や私生活は見た目に出てしまうんでしょうか。






自身の事も多々見直さねばいけませんねぇ。







そんなことを考える。








でもね、
そんな彼らだけれど、先入観を出来るだけ除いて、
見てみると、



触角や手足を掃除する仕草なんか、
なんだかおもしろいんです。


ムカデはね、、触角を手入れするとき、

口のところにある小~さな手で
ヒゲをしっかりと掴んで、
モグモグするんですよ。

凶悪な顔で。


はもはもはも・・・ちきちきぴっぴ。

という感じ。



それを見ていると、
初めは気持ち悪かったけれど、

なんだかね、
ユニークな奴に見えてくるんです。





もちろん、
噛まれて、
焼ける様な痛みと腫れに襲われたときは、
すりつぶして漢方にでもしてしまいますがね。









凶悪な虫を観察して、
そんなことを考えた、今日という一日でした。







さて、
このムカデはどうしよう。

隣の家にでも撒いてこようか。









ちゃんちゃん。



追記 20141025)
好評開催中の鳥取わらべ館での「モビール展」ですが、NHKの地域ニュースで放送されたそうです。
作品と名前も出たそうです。
ありがたい。

しかし、うちにはテレビが無いので、
「へぇ」という感じです。

そして明日はローカルテレビの取材が来ます。
テレビが無いので、
「あぁ」という感じです。

時折、新聞も賑やかしているんですよ?
これは、近所の方に見せてもらえることがあるので、
「ほぅ」という感じです。

そんなこんなで、ぼちぼちいきましょう。
-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR