いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



「キノコンニチハ」 「コノハジメマシテ」

  • 2014/09/28 17:30
  • Category: 自然
野山や海、
景勝地を旅するのが好きです。


なんとなしに好きです。
理由は、よくわかりません。



昔、人が豊かに暮らしていた、
そんな にほひのするところも好きです。



なんとなしに好きです。
理由は、よくわかりません。




見に行って、
「へぇ、こんなところがあったのか」

そこで、少しの間、あたりを見回し、
ぼけっとします。


何かを考えている訳でもありません。


ただただ、
ぼけっとします。








免許を取得してからは、
バイクにまたがり、様々なところへ行き、

えいこらさっさと単独ツーリング。
伊豆半島、房総、
時に友人と。



ある時は、関東から北上、
北海道に至り、一周。
道中様々な出会いがありました。

長い夏休みを昇華しました。






そんなふらり旅の道中には、
大きな木を見つけては立ち寄ることにしています。


経験上、大きな木は、
不思議と神社にあり、寺にはあまりありません。


語弊を承知で一言で表しますが、
「人工的な祈り」か「自然な祈り」かを表現している、
その空間性の違いかもしれません。



神社では、人型のものには祈りません。
戸などの向こうにある何かに祈りを捧げます。

大きな木に対しても、
存在の大きさから崇拝されているとは思いますが、
その向こう側にある、目に見えない歴史や事実などを
人は尊んでいると思います。





・・
道中の安全と、平和のために祈ります。








・・とまぁ、
そんなこんなで、先日も出かけまして、

よくわかりませんが、
ふと、キノコを撮影しました。



これまで、
山や野、海、空

そこにあった、
木や花、鳥や鹿、虫

様々撮影してきましたが、


キノコを撮影するのは、
この齢になって、初めてかもしれません。





改めて、
なるべく先入観を排し見てみると、

キノコは
変な形で渋い独特の色をしています。
傘はひび割れたものが多く、傷ついています。
置物ような完全な状態のものはなかなかありません。
かわいらしさや可憐さ、ましてや雅な印象は皆無です。

じめじめとした、暗いところに、
ポツポツと落ち着いていました。

日の当たる所、人が暮らしやすいところに出てしまっては、
存在出来ない様子。


個人的な感想としては、
「けれども、ただ、おもしろい」




加工済P1090271




実際、多くの創作のモチーフとなり、
お話に登場し、置物も良く作られています。








「彼らは何をしてるのだろう?」


ぽつぽつと、いくつかのキノコの集まりがあります。
彼らは他人のようで、知人のようです。

家族がいたり、ペアがいたり、
挨拶をしている様にも見えます。



「コンニチハ」


「ハジメマシテ」




撮影した上の写真、
キノコのペアでしょうか。


片方は目立ちたがり屋、中心に陣取り、決めポーズをとっています。
どや顔です。

もう片方は、前のきのこにグイッと奥に追いやられましたが、
頭越しにカメラ目線。

手前では、どんぐりの幼稚園児たちが、きのこの様子を窺っています。
横の方できのこを見るどんぐり。
きのこを見上げるどんぐり。
カメラにお尻を向けている子もいます。


奥の方には・・、別の観光きのこでしょうか、頭が少し写っています。


この写真はピントやホワイトバランスが合わずに何度か撮影しましたが、
どれも道沿いからカメラをガツッと地面に置き、きのこが真ん中に来るように撮影しました。
特に配置を弄ったわけでもなく、カメラのオート機能で、パシャ。
よく観光地で人々がやるような撮り方です。




なんだか楽しそうに映りました。









・・・







・・・・・・












私は、

野山や海、
景勝地を旅するのが好きです。


なんとなしに好きです。
理由は、よくわかりません。



昔、人が豊かに暮らしていた、
そんな にほひのするところも好きです。




なんとなしに好きです。
理由は、よくわかりません。






でも最近は、
なんとなしに、理由がわかってきた気もします。






そこに暮らしがあるからでしょうか。









高層建築の展望スペースより、
町を見下ろしたとき、

「○○山が見えるよ。 あっ、飛行機。」

昼間は、どこに何があるか、探そうとする人も多いでしょう。




夜の場合は、いかがでしょう。

概ね、そこに何があるのかわかりません。

月や星の様子、車のライトが流れてゆく様などを、
ただただ、ぼんやりと眺めているのではありませんか。




その感覚です。




自然の中をぶらぶらしていて、
若い頃より抱いていた感覚。

それは、この感覚に近いなぁと
想うようになりました。









自然の営み、

それを、

ただただ、

ぼぉっと、
眺めます。。























・・・




「キノコンニチハ」


「コノハジメマシテ」


































スポンサーサイト

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



工作教室、ワークショップ紹介その③ 「素材が選べる、小鳥とお家のオルゴール作り。」 (小鳥以外に変更もできます。)

前回、前々回と引き続き、
工作教室の題材について紹介です。
「小鳥とお家のオルゴール作り。」

その① http://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-249.html

その② http://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-250.html



小鳥を撮影しました。

P1090278.jpg


木材は、
松とブラックウォルナット
画像では分かりにくいですが色は、

 体- ベージュ、オレンジの縞模様
 羽- 暗褐色

です。

全体像は、こちら。

P1090280.jpg


軸棒は針金なので、自由に曲げて工夫しましょう。

P1090285.jpg
P1090283.jpg

家の素材は、
前回紹介した通りで、


さらに言えば、
土台となるオルゴール入りの箱は、米栂で作っています。





木材に関して、
他に、
 体- 楢(褐色)、栓(白グレー)
 羽- 欅(オレンジ)、楢(褐色)
があります。

家に関しては、
 屋根- ブラックウォルナット、楢、
 壁面- メープル、ブナ、ひのき、楢

を用意しましたので、お好きな組み合わせでどうぞ。



さて、どうでもいい話ですが、
最近の一輪挿しの様子です。

※一輪挿しについてはこちらの過去記事を参照してください。



P1090232.jpg


例のところには(裏の花壇について、リンク

露草が咲いているので、拝借しています。


P1090235.jpg


和歌集では「月草」と書かれるそうです。

日本人ですね。 一文字から秋を感じます。
季節は移りゆきます。




ぼちぼちいきましょう。



-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



工作教室、ワークショップ紹介。 「素材が選べる、小鳥とお家のオルゴール作り。」 (小鳥以外に変更もできます。)

さて、先日のブログの続きにもなりますが、
(前の記事)→http://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-249.html



工作教室の題材
「小鳥とお家のオルゴール」につきまして、
「色を塗らなくても、見栄えが良いように・・。」
という話をしていましたが、

サンプルの画像を撮影したので紹介します。

・ブラックウォールナット材の屋根に
・ビーチ材の壁面

で、作った家です。


P1090255.jpg

窓は糸鋸を使い、一つ一つ切り抜いています。


他にも題材の木材は選べるようにと考えています。

楢材で作った屋根や
ひのき材、メープル材の壁面
等から、選べます。

鳥などのモチーフとなる予定の板も、
同じように何種類からか選べるようにします。

上記で記述している、
 ブラックウォルナット、メープル、楢、ビーチ・・
他にも
 欅や松、栂などもあるかな・・。


何を持って行くか、確定していませんが
会場で好きな木材を選んでください。

自分だけの組み合わせで製作していただけます。



あ、もう一枚、画像がありました。

話は戻って・・、
先ほどのお家をオルゴール台の上に載せると、
全体像は下の様になります。


P1090260.jpg




このお家の上に、
鳥などの人形をのせて完成です。





折を見て、
モチーフが屋根の上に乗ったバージョンも撮影して
紹介しますね。



ではでは。
-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



勝山町並み体験クラフト市2014。 工作教室のお誘いです。小鳥とお家のオルゴールを作りませんか。 

さて、10月はイベントが盛りだくさん。

芸術の秋でございます。



芸術ついでに食欲を満たして、
ドライブへ出かけましょう。


10月3日~11月3日まで、
鳥取のわらべ館にて、モビールを展示します。
鳥取と近県の主に木工、クラフトマンが製作した、様々なモビールが並びます。
 ※前回開催時のブログ記事→クリック


これに関しては、どのようなものが集まるのか。。。。
私も全く想像できずにおりまして、個性豊かな各メンバーが
いったい何を作り、設置するのか・・、非常に楽しみです。

品々はエントランスホールにぶら下がりますので、観覧無料。
お近くに寄られた際はご覧ください。
なお、作者連は基本的に会場におりません。

10月26日には、倉敷芸文館にお邪魔すると思います。
こちらの出展内容は、まだどうするか未定。


10月4日土曜日 ~10月5日日曜日には、
岡山県真庭市、古い町並みが残った勝山で
勝山町並み体験クラフト市2014が開催されます。

こちらは近隣地域を中心とした、様々な作り手が集うイベントです。
漆器、和紙、糸紡ぎ、革、ガラス、陶、木工、竹、版画、べんがら染め・・・
はんこ作り、リース作り、布小物作り、お香作り、・・・・

おらが畑で採れた野菜販売、手打ちそば体験、パンつくり体験もあります。
他にも、針灸治療体験、醤油絞り、など、普段体験できn・・・


・・・・えー、書くのが大変なので、詳しくは記事一番下のリンクをたどって、
勝山体験クラフト市のページを見てください。

1日かけて楽しめるイベントです。
温泉地も近くにありますので、のんびりしに来てください。


もし、
「これは、参加したい。」
そう思う方は、予約をおすすめします。

※予約・お問い合わせ先は、
勝山文化往来館 ひしお
tel&fax  0867-44-5880


各出展者によって参加可能人数は違いますが、
参加できる人の数は、知れています。

平均、1日に 20人程度。

少ないところは、1日に2人 3人・・そんなところもあります。
要確認、要予約です。


会場となる勝山の町並みは保存地区に指定されているので、
天気が良ければ、参加せずとも、ぶらぶら散歩するには良いでしょう。


個人的には、勝山のおじちゃんたちが作る、手打ちそばが食べたい。
一杯 500円也。

あとは、「カフェてあ」でピザやパスタで舌鼓ですね。
食欲の秋。


体験の方では、
山田さん(仏様を彫る方)のところで、版画をして、
宮本さんのところで、革のコインケースを作りたいですね。

帰りは野菜を買って帰ろうか。
そして、温泉も。


お酒が好きな人は、
蔵元があるので御前酒を買って帰りましょう。


・・っと、


話が終わってしまいそうな雰囲気ですが、




宣伝を。



私もこちらで工作体験をします。
オルゴールを使った工作教室、2800円也。

試作サンプルはこちら。


P1070607拡大
P1070597風見鳥


中にオルゴールを組み込んで、
ゼンマイを巻くと、家と小鳥がゆっくりとくるくるようにしています。
対象は大人ですが、小学校高学年くらいから、大丈夫です。たぶん。
大人が一緒であれば何歳でも構いませんが、
乳児や幼児には難しいと思います。



P1070609全体図




当日までに、改良やデザイン変更が若干あると思いますが、
おおむねこの形。
現時点では、モチーフが小さく感じるので大きくする予定です。


試作画像では着色していますが、

「木の色を生かした、素材感を生かしたい、色を塗るのが苦手、」
  また、
「あまり時間がかからないようにしたい。」

そんな人もいるでしょうから、

木材は、ブラックウォールナットやレッドオーク、メープルなど、
数種類の木材を使い、

木の色、素材感を変えて、
「色を塗らなくても、磨いたら素敵なものに仕上がるように。」
そんなことも考えています。
  (新たな試作品が出来たら、また紹介します。)


もちろん材料はあらかじめ加工して持って行きます。

製作時間は、研磨まで行って、1時間くらいかな。
早い方なら45分もあれば仕上がるかな。

色を塗るなら1時間半は欲しい。


ぼちぼち作りましょうか。




オルゴールは選べるように3曲用意します。
 ・スモールワールド
 ・星に願いを
 ・ドギーインザウィンドウ


前回の教室でも、時間をかけて素敵な作品を作られる方がいました。(別の工作題材でしたが。)
せっかくの工作体験ですので、ゆっくり時間をかけて、満足いくものを作って帰ってください。

こちらで用意するものは、
題材を作るための素材と、工具、材料です。
以下)
 加工木材パーツ、オルゴール材料一式、接着剤、紙やすり(荒、中、細)、組み立てるための工具、
 アクリル絵の具一式、


その他、
素材などは、自由にお持ちください。
汚れても良い恰好で、エプロンなどがあっても良いですね。

前回、別の工作をしたときは羊毛を持参された方がいました。
アレンジして、羊を作っていましたね。

他には、図鑑を持ってきた子どもさんがいました。
イラストを描いて、切り抜いて、オリジナルの作品が出来ました。


今回は、家の上部に載せるもの・・・画像では題材が鳥になっていますが、
犬でも、猫でも・・・なんでもござれ?。
ある程度アレンジに対応できるように、電動糸鋸盤を持参します。

イラストを描いて、持ってきても良いです。
その場で、切り抜いてご覧に入れましょう。
(細かいと割れるので注意。 あまり複雑だと切る時にも困ります・・。)


イラストの(板の)大きさは・・・うーん、どうしよう。
土台の大きさは決まっているので、あまり大きいとバランスが悪くなりますし・・、
とりあえず、厚み10mmくらい、縦横は、50mm*70mmにおさまるサイズとしましょうか。

変更があればまた連絡します。


そんなこんなで・・
講師費込! オルゴール付! 2800円は安い!

いよっ!  やるねぇ!


 
・・・
やっぱり4000円位ください!






嘘です!





そんなこんなで、宣伝でした。



当日、どんな作品が生まれるのか、
楽しみです。




※以下、関連リンク
2014年開催について、詳細ページ。
 パンフレット、案内をダウンロードできます。※2014年9月15日現在

 
公式ブログ - 昨年開催時、私を紹介していただいた記事

facebookの公式ページ

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。