いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

手作りの杖、オリジナルリハビリステッキの製作 

この夏の盆は、父のために杖を作りました。
最近は少しやせましたが、相当なデブだったので足を悪くしたようです。

まだまだ介護とは縁のない、ふてぶてしい感じですが、
某有名激安ジャングル店が大好きな爺様なので、
歩きにくいと何かと不便でしょうから、

「息子様が一肌脱ごうじゃぁないか。」
という話です。 えっへん。

とは言うものの、
「ステッキ? そんな年じゃぁない。格好悪い。使わない。」
と、言われてしまう可能性もありますので、

言われる前に、送りつけました。
 ※実際、「そんな年」ですし。


しかし、
杖はどのように作ればよいのでしょう。
そもそも、杖の細かいところは何も知りません。



どうなることやら。
・・・・



まずは、何も見ずいつものように適当にスケッチ。

「長さは?」「太さは?」
「持つ所はどんな形?」

「こうしたらカッコいいな・・・ あ、魔法使いが持っていそう・・。」
「そうだ! 魔法使いの杖にしよう!」


・・その後、市場に出ている杖の画像や資料集め、
魔法使いの杖は却下。



今回製作する品は、置物や飾りの類ではなく実用品のため、
さらに詳しく「杖」の役割や足の悪い人の歩き方も考え、

杖を使う時の手の位置、姿勢、杖のつき方、使い方など、
その他についても調べ、考察、
また、以前父に会った時に見た歩き方も思い出し・・、
モックアップを作成。


握りやすさや、
体重のかかる個所の確認、

「ここを太くしたらどうか、」
「細くして・・」
「負担がかかるから・・」
「あれ・・握りやすいけどかっこ悪いなこの形。」

大きさ、デザインを考えながら成形しました。


そうしたら、どんどんある形に近づいてゆきました。
「あれあれ? この形って・・。」
コンセプトが浮かび上がってきました。


「dolphin - イルカ」
です。

歩くことが不自由になれば、人は出歩くことをやめ、足以外の筋力も衰え
老化もどんどん進んでゆくことでしょう。
床に臥せていることが増えれば、病んでいく事もあるかも知れません。

人は出かけることで、次に出かけるための活力も得ることができます。
それは、「動く」事で身体的な刺激を受け、筋力の衰えを防ぐことでもありますが、
何より、人や動物、植物、昆虫と会い、工業製品などの物に触れることも日々の心の活力となります。


「次も行きたい、また何か面白いものはないか?」


それを促すためにも、杖は重要です。
共に歩くモノ、傍らにあるモノ。 重要なパートナーです。


一方、イルカは様々賢い能力を持ち、
超音波だってお手の物、100M先の物も見通し、固体間の会話をする時にも使います。
人との交流ももちろん、溺れた人を助ける話も多々伝えられ、一緒に泳ぐことだって出来、
イルカによるセラピーも行われております。
水族館でも驚きのパフォーマンスをおこない人気者、人と一番近い水生生物かもしれません。

人の傍らに存在するパートナーとして杖の題材に合います。

そして何より、私は生まれ変われるならばイルカと決めています。
今やヒゲで眼鏡のおっさんなので、
「気持ち悪い事を言うな。」
という話ですが、私だって若い頃があったのです。

そのような想いものせて、「concept dolphin - イルカ」







そんなこんなで、完成。
※削りすぎても直せるように木を使っていません。

P1090141WEB.jpg

まぁ、試作の前の試作なので結構適当です。




そうこうしていたら、有名メーカーの杖が到着。
実際に多くの人が使用しているドイツ製の杖です。
(高いものは買えないので安物ですが・・)


検証。

なるほど、なるほど、
なるほど・・・なのであります。





それも踏まえ、形状を若干変更して本製作。
材料にはやはり銘木の類を使いました。

鮮やかな赤が可憐な、とある木材(8年くらい前に購入した材なので名前を忘れました)
を真ん中に配置して、
深い赤が美しいローズウッド
でサンドウィッッッッチ!!
そして、海のイメージ。
波が打ち寄せる砂浜のごとく、美しい杢の楓を表面に使いました。

エェクセレント!!



軸となる棒にも、高価な木材を使って・・と考えましたが、
これは実用品。

職人や作品というよりは、デザインやプロダクト(工業製品)に近いものです。
私の変なこだわりを出すよりは、より安全で軽くて丈夫なものを使用するべきところ。

そのため、長さも簡単に調整できる、より実用性の高い既製品の軸を流用しました。

そして、完成。


P1090147WEB.jpg
P1090148WEB.jpg
P1090146WEB.jpg
P1090150WEB.jpg




夜に蛍光灯の明かりで撮影したので、暗い木材の色があまり分かりませんね・・。




どうでしょう。

うーむ、

出来てみて分かる。
改善点。
体重のかかる個所の曲線を若干変えたい。

太さも気になる線が。。
もう少し、こうした方がかっこよかった。。






そ・し・て!!


なぜか、ローリング。





杖回転-2

















改善できる点はありますが、
まぁ、身内なのでよいでしょう。

十二分に使用に耐えうる杖と判断。
送り付けることに。





理想の流れとしては、
もし未だに杖を持ち歩くことが嫌だという話だったら、
「息子からの杖の贈り物」という事で、杖を使い始めるきっかけになればいい。

そして、普段から杖を使用することに違和感がなくなったら、
市販されている杖に移行して欲しい。
(木製グリップは、ゴム製グリップに比べ、手のひらへの負担が大きく、タコもできやすいでしょうから。)








・・・

そのうち、頃合いを見て、
持ち手がゴムのステッキを送ってあげようか。(市販の)


母は毎日ウォーキングしているので、杖に関しては大丈夫だとして・・・、


あ、ウォーキング用のストックを作ろうか。
いくら健脚とはいえ、足への負担は減る方がいいし。



ウォーキング用は、左右2本必要か・・・、








・・・めんどくさい。






またこんど。

















・・・・



そんなお盆を過ごしたのであります。









-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



学童保育って、なんだろう。 単発ではない、長期の教育の在り方って何だろう? 放課後児童健全育成事業?

(Aさん)
  「ちりんちりーーーん」
      (呼び出しチャイムの音)

(Aさん)
  「ちりんちりーーーん」

(Aさん)
  「いとひやさーん」

(Aさん)
  「ちりんちりーーーん」




(Aさん)
  「いとひやさーん いませんかー。」









カツッカツッカツ
           ≪サンダルの音≫
(・・隣のおばちゃん登場)





(隣のばば)
  「寝とるで」














「ガチャ」






「寝てませんよー  どうも  いとひやです。」

「あれ、Aさんじゃないですか、珍しいですねぇ~。 電話をいただければそちらに伺いましたが、
突然どうしたんですか?」








(Aさん)
  「あ、起きてた。   いや、お願いがあって・・・、」







・・・

人がいないんだー。
困ってるー。
糸日谷さんはどうだとおもったけどー。
だめじゃろうなー。

でも誰もいなーい。
困ったなー
男の人手がほしい~。



・・・(5分経過)





分かりました。



とりあえず、
蚊が入るんでドアを閉めてください。





・・。




そんなこんなで、
行ってまいりました。




夏休みだよ!
社会福祉協議会、学童保育の現場に潜入!



の巻。








いやはや学童の指導員というものに関して、
ずぶの素人です。


よくわかりませんが、
いろいろな子どもや親に接する機会をもち、工作の先生をして、9年弱。
多少は貢献できるのではないかと考えて、不肖ながら行ってまいりました。





そして、
適当に比較・考察。




まずは自身の工作教室について、
イベントなどで開催する事が中心で、9割以上が一期一会。
子どもや親と1時間~2時間ほどの関係です。


子どもは人見知りする子もいて、初めて見る髭眼鏡のおっさん相手に緊張していることもあり、
「その子」を理解する事が難しい時もあります。

「親がどれだけ子どもの工作を補助できるのか。任せた方がいいのか。 こちらが中心で指導すべきか」
「しっかり敬語で指導したほうがよい子なのか。フレンドリーに接した方が緊張を解けるか。」
   ・・その他、親の様子も見ながら、工作をどのように伝えればいいか、指導方針を考え、

「親にやらされて」にせよ、子どもの中のアイデアや発想を引き出し、達成感をもたせてあげる為に
いろいろと考える必要があります。 



一方、学童保育の場合は、
「新しい先生がきた」という考えからか、こちらに興味津々。
多少の信頼関係も初めからあるようで、
髭眼鏡のおっさんだろうと、必殺のステキスマイルを使えば、

「サッカー、得意?」「足早い? 外でおにごっこ!」と、
特に時間もかからずに遊べる関係になれました。

もちろん、おとなしい子やシャイな子、人見知りをする子もいますが、その場合でも話しかければ必ず言葉を返してくれます。
親が隣りや近くにいないので、子どもが自身で活動する助けになっているようです。こちら側も変に気を遣わずに済みます。
(一方工作教室では、シャイな子/人見知りの子に話しかけると応えてくれないことがあります。お母さん/お父さんが代わりに話すのを待っている様子。)

その他にも様々違いがありましたが、「その子」を理解する場合、一期一会に比べれば容易だと感じました。
接する時間も機会もたくさんあり、様子を見ながらヒット&アウェイ?
気軽にコミュニケーションを取りながら、反応を見ながら「その子」への対応を考えることができそうです。

常に「臨機応変、即時対応」というやり方を行ってきて、多少のノウハウを持っている身として、
学童では、先生にも子供にも余裕のある大らかな指導方針を立てれるのではないかと感じ、
これまでの知識や経験を応用すれば、すぐに学童保育に対応できると考えました。





・・
しかし、


そうは問屋が卸さない・・・わけで?
新たな対応方法を考える必要が出てきました。



それは「注意する・叱る」事。




工作指導は、基本的に
 対 「こども」 です。
 対 「おとな」 です。

こちらは「工作をする」という目的があり、そこそこ真面目に指導する人もいるので?作業を投げ出す人もほとんどなく、
注意するときは、その人の性質(力任せに作る? 細かい作業が苦手? 人にやってもらおうとする?。。。その他)を判断し、なるべく今後の生活でも応用できるようにアドバイスし、指導をします。
 (些細なミスで直せる範囲であれば、時にわざと見逃して失敗してもらうこともあったり・・。)


叱ることはまずありません。





学童保育の指導では、アドバイスや注意をすること以上に「叱る」事も必要です。
子どものためにも、団体活動をきちんと行ってゆくためにも。

 対 「こども」は基本として、
 対 「こどもたち」

ときに
「先生&こどもたち」 対 「こども」
となる場合もあります。


同時に別々の問題が起これば、各々の子どもに注意をして周る必要がある、という点は工作教室も一緒ですが、

その時何が一番の問題なのか、どこが原因なのか、誰が発端なのか、
別々だと思っていても関係していることがありますし、物事もどこまで遡れば良いのか・・。
そして、1-2年の低学年の子が、「楽しい!!」と気持ちが高ぶり、ルールの枠を外れてしまうのはある程度は仕方のない事なので、
どれほどの強さで叱るべきか。

何度言っても聞かないという場合、こちらの叱り方に問題があるかもしれません。
毎回同じように叱る必要があると思いますし、変える必要もあります。

また、全体の進行を止めて叱る方がよいのかを考えます。
連帯責任という言葉がありますが、一人だけその場から外して叱ってはいけない時もあるはずです。
上級生も一緒に活動しているのなら、なおさら。

団体の中で問題が起こってしまった原因は周囲にも必ずあり、
その働きがきちんと機能していれば、問題はある程度防げますし、そもそも起こらないかもしれません。


・・その他いろいろを問題の起こったその瞬間に考え、すぐに行動しなければいけないわけで・・、

もう・・子ども以上に私もパニック!?


いやはや、子どもたちの指導は難しいですね。





他にも、

自身の「いとひやひかるの工作」では、全責任が自分にかかってくる分、
黒谷流「鉄砲でも矢でももってこい!」方式(※)で好き勝手行うことが可能ですが、
施設スタッフの一人として活動するには、それまでに施設内で行われてきた指導方針に合うように
自分なりに培ってきたやり方も上手にすり合わせて変えてゆかねばいけません。



------------
(※)黒谷川の会について、ブログ内リンク
①会について
②西日本放送取材編
③DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)編
④からくり水車編
・・その他にも少し記事があります。 興味のある方は左欄ブログ内検索で「黒谷」を検索してください。
-------------




それにともない、子どもの活動だけでなく、大人の活動(長年勤めている先生の指導法)も観察していなければいけないわけで、叱る際はそれも加味して判断しなければいけません。

これも大変。


さらに言えば、協議会の人がわざわざ私の家まで来て人を集めるほどの人手不足なわけで、、
なんと一人を除いて皆新人なのです・・・

だから、いろいろな面でこれまた大変。



さらにさらにぃ~
「大変」繋がりで言えば、



夏休み特典として!
学童の一大イベントぉ

「夕涼み会」!!

の!

「肝試し」!

も!

いと先生

が!

担当することになった!

ので!



・・・
大変です。


どうなることやら・・です。
(それなりに評価された結果だと思いたい。)



----------------------
話が脱線したついでに余談ですが、

叱る、怒る」というのは、相当なエネルギーが発生する行為です。

「子供の怒る」はエネルギーの発散によるところがあります。
急激に高まった感情を抑えるため、行き場のないエネルギーを大声をだし、気を発散させます。
涙は急激に高まった頭部の熱を発散させる効果もあります。
不安・その他感情エネルギーも泣くことで解消しようとします。
  (怒ったり、緊張したり、悲しんだり・・顔が赤くなったりしますよね。 )

そのため、幼稚園や小学低学年以下の子供に、
「泣かないの!!」と強制的にその行為を止めてしまえば、
エネルギーが全てストレスが変わり、
感情が発散されず、いつまでも気分がすぐれず機嫌が悪かったり、
慢性的に感情のコントロールが出来ない子になってしまう。

ストレスを溜め込めばもちろん体に毒。
あたりまえですが、子どもも円形脱毛症になります。

そのため、泣く・喚くという感情コントロール法しか知らぬうちに、
強制的に止めてはいけないと思います。



一方、「大人の叱る」という行為はエネルギーが発散できず、
ストレスの溜まる行為と言えるのでしょうか。

「今、叱るべきか」「あの叱り方でよかったのか、」「そもそも叱ってよかったのか」「手が出てしまった」
「叱りたくないのに。。」 「あの時、叱らない方が良かった」・・などなど、精神的に負荷がかかります。 

それが溜まってしまえば、子育てのストレス、育児疲れというモノに変わり、
ついには精神を蝕んでゆきます。

そんなこんなで、「叱らない」のではなく、「叱れない」大人も多いのではないでしょうか。
特に他人の子なら尚更ですし、ある程度年老いた人は叱る力もないかもしれません。

もちろん、
ただ叱るのではなく、「泣く」という行為の代替として「げんこつをする」「大声で叱る」事で、
上手にストレス発散を行っている大人もいるでしょう。



 (閑話休題)




-----------------------





さて、叱る・・・事に関して。


同じ学年でも、理解できる子と出来ない子の差が大きく、
どこまで理解できるのかで話す内容も変わってくるでしょう。
どうしたらよいのでしょう。


頭の中の考えを巡っていく中、
自身の子供のころを思い出し、今回は以下の様に考えました。



///////////////////////

ある程度大きくなり、理解のできる年齢になれば、
子どもも悪い事だと理解しつつも行ってしまうことが大半。

自分勝手な感情が先に出てしまったり、些細な悪戯心などが問題。
子ども同士だからこそ、ちょっかいを出すつもりが本気になってしまったりする。


何度も行い、都度叱られ、
悪いと理解しつつも行うからこそ、

自制する力が徐々についてくると、自然と問題も少なくなってゆく。



だから

『「こら!」と一言、手があがり、おりる前に「ごめんなさい!」』
そんな「叱る」場面がある、もしくは、あった。

・・・のではないか。


////////////////////////





つまり、
近所の人も子育てに対する意識が一緒で、
親に限らず、様々な大人が子どもに接する時間があり、

子どもにも、
様々な人に叱られた経験と、
互いの理解があったからこそ、

無駄な説明はせず、親は拳骨一つしておけば良かった、
のでしょう。

そして、
子供もたんこぶ一つで
「何がいけなかった」のか理解し、

もし分からなければ、なぜ拳骨されたのか理解しようとした。
自分で考えた。

会話が無いことで、
たとえ理不尽な拳骨だと思っても、子どもは言い訳できずに、
ぐっと堪えることが必要になり、我慢する力もついていった。






・・・

考えてみれば、
ある程度の子に対して行うならば、
これは無駄のない叱り方かもしれません。

会話を介さないことで時間もかからず、
親にとってはストレスが溜まりにくく、強制力もある。
子どもにとっては、なぜやられたのか考える機会が生まれ、
叩かれることの痛みを知り、それに対する耐性、
時に矛盾する、大人のよくわからない言葉に対する混乱もない。



ある意味、
一切の無駄をそぎ落とした単純でスマートな叱り方。
かもしれません。(ほんと?)







(シンプルでスマート・・・自身が目指しているモノづくりにも通じます。)









しかし、
今や拳骨をポコポコするような家庭は少数派でしょうか?





では、
それに代わる行為が、もしかしたら重要になるのかもしれません。
子育てのストレスを緩和するためにも。




子どもにも、親にも、負担のかからない叱り方。
どうしたものか。



考える中で、
ある答えを得ました。








そして、願うのは、




「なぜ注意されたのか、なぜ叱られたのか、」
その説明すら言われないと分からない・・・

そんな大人に育たない様に、
賢い子どもが増えてほしい。




という事。











子どもが自発的に考えられる様な、考えてしまう様な
そんな叱り方が出来たらいいですね。






そうしたら、
何か嫌な事や問題にぶつかったときに
しっかりと耐えて、

自分で解決方法を考え、克服しやすくなるのかもしれません。



















さて、
あなたなら、どうしますか?























※追記
誤解を招きそうな文章ですが、一切の拳骨を行っておりません。


なぜならば、


この手は何かを破壊するためでなく、

  何かを生み出すためにあるから・・・。 




 ふっ・・・。






・・・散々拳骨を受けて育ったせいでしょうか、
アホな発言をします。・・・(´・ω・`)


げんこつ反対!











-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR