いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



緊急告知。

嗚呼!
告知をしていませんでした!
鳥取のクラフトキャンプに参加します。


---------------過去の記事------------------------
2013 出展1日目
2013 出展2日目

2012 出展1日目
2012 出展2日目

※過去の記事を読み返して、記憶がよみがえってきました。 
  ご来場くださった方々、ありがとうございました。 ありがとうございました。 感謝感謝。
-------------------------------------------------







今年こそはキャンプなので、キャンプイン。
そのまま会場に、キャンプイン。
そして、のんびり過ごします。忘れ物をしなければ、


ワークショップは、フィールドオブクラフト倉敷、クラフトデイズで行った ミニからくり作りと、キーリング作り、


例年通りなら、のんびりと過ごせるはずなので、
糸鋸体験もできると思います。


からくりのパーツも自分で切って持って帰りましょう!


その他、定番工作キットも持参予定ですので、
じっくり作りたい方も是非どうぞ。
(はたあげ人形は在庫なしです。ごめんなさい。)


当日は、なかなかの暑さが想定されるので、水分は多めに持ってきましょうか!






去年は立ち寄れませんでしたが、今年は飴細工を食べれるかな。

(・・と書いて、今チラシを見てみたら、お世話になった例の飴屋さん、
今年は参加してないようです。 残念。  しかし、)


手作り飴屋さんは なんと2ブース出展されるみたいです!!


おお
飴激戦区!!

飴フェア!




やずぴょんも来るよ!

(だれ?)→ご当地キャラです。





つきましては、

「鳥取 手作り飴フェア 2014」
に是非ともご来場ください!! 




※第5回 鳥取クラフトキャンプin八頭です。
スポンサーサイト

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



一日

  • 2014/05/25 13:24
  • Category: 雑記
とある日の過ごし方。

午前、

今後のイベント準備。
工作教室の説明書変更。
その他書類仕上げ

途中、廊下でスズメバチに遭遇。 
トイレの前、スリッパに陣取っていたので、申し訳ないけれども対処。
その後、出張ホテル予約、検索、駐車場なども。
注文品の対処、在庫確認。
材料確認。



午後、

放置していた裏庭の草刈、ネギ採集。
一輪挿し用に植物採集。
お昼はネギラーメン。

ガラコロたちを制作。
カラーオーダーのため一部変更。
箱詰め、一部発送。

木くずにまみれ、シャワー。
髪が伸びていたので、そのままバリカンで丸刈り、長さ3mm。
風呂場で天井裏へ通じる穴を発見。

余った木材でスズメバチ対策 兼 家の修復。

・・こんな感じ。




裏庭では、青梗菜が種をたくさんつけていました。
穂?が垂れて地面につくくらい。
来年用の種にしましょう。

5月の初めに蒔いた種も一部、芽が出ていました。
(何を植えたっけ?)

基本は放置なので、発芽率は20%未満でしょうか。
狭い庭なので、それでちょうど良いかもしれません。
強い種だけが残ります。
きっと、良い実をつけてくれることでしょう。
(でも何を植えたっけ?)


草刈は、基本素手で引き抜き、堅いものは鎌で刈っています。
近くで見る分、雑草でも花があればよく見えます。

虫も。

その他、色々な発見がありました。





今回は閃いて、一輪挿し用に壁のツタを採集してきました。
ツタの線が活きる気がします。

P1080926.jpg

立派な一輪の花を挿しても良いですが、
野の花だってきれいです。


世界に一つだけの花

世界に一つだけのツタ










そして・・、
今年も蜂の季節がやってきましたね。

毎年、室内にてスズメバチを何匹か見かけます。(3センチほど、たぶんキイロスズメバチ)
きっと天井裏に巣があるのでしょう。

今年に至っては、普段過ごす部屋のちょうど真上から低い羽音が聞こえます。
まだ、羽音は少ないので巣作りや子育ての最中といったところでしょうか。



頭をバリバリ刈っているときに、
偶然にも侵入経路と思しき個所を発見したため塞ぎましたが、
次に見かけたら、思い当たる侵入経路がないので、お手上げです。


でも、直接に害がなければ殺生はしない主義なので放置です。
蜘蛛やその他虫を見かけても見ぬふりをします。


基本的に、何事にも不干渉です。 


もちろん、自身の生活を脅かすほどになれば、
話は別です。
また、ムカデほどの能力になると、対処もまちまちですが、
寝ているときに布団の近くに来なければ、基本これも放置です。


気密性の高い家であれば、
ムカデも外に出れず、その結果何度も遭遇する事になってしまうため、
ついには刺されるかもしれません。 
対処した方がリスクを減らせると思います。

しかし、我が家は隙間だらけの古い家なので、
すぐにどこかへ行ってしまいます。

間違って入ってきただけ、と考えています。


スズメバチも、好きで人の居住空間に入ってきたわけでなく、
窓のところでガラスに何度もぶつかって出たがっています。

不干渉のため、逃がすでもありませんが、
数日後、弱って、窓のところに横たわっています。


これが良いのか悪いのか、


いっそスプレーで殺した方が良かったかもしれません。
でも、いつの間にかいなくなっていることもあります。
隙間を見つけ、外にでれたのでしょう。


運が良かっただけなのか、
それとも賢かったのか。



賢くありたいものです。



なんにせよ、
今年は、穴を見つけて塞いだので、
私にとっても、蜂にとっても、不幸を減らせることでしょう。









なるようになる。
なるようにする。








とある日の
私の一日でした。





-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



希少車 日産パオ(pao) のテラコッタ(茶色)をお譲りします。  中古車 個人売買 

  • 2014/05/23 19:09
  • Category: 雑記
こんにちは、糸日谷です。
突然ですが、愛車の日産パオ(pao)を手放すことにしました。

私と共に活動を行ってきた車ですので、覚えていらっしゃる方も多いかと存じますが、
10月の車検を前に、引き取っていただける先を探しております。


理由としては、

○積載スペースがもっと広い方がよい。
 仕事の関係上、電動機械や工具、品物、テント、テーブル、椅子などたくさん載せないといけません・・・。
 パオには載らないんです。(今まで載せていたのは奇跡としか言いようがありません。)
 
○長距離出張のときなど、なるべく疲れないようにしたい。
 20代前半~中、多少若い時は気にならず、楽しく旅が出来たのですが、長距離移動するには体力が必要だと感じるように・・・。   もしパオで快適に遠くに出掛けたいのなら、サスペンションやシートなども改造し中高年も喜ぶ趣味のセカンドカーに仕立てる必要があります。   それとも筋トレするか・・・。
 おしゃれな外観ですので、その点でも若い人向きでしょう。 弄るのが楽しい車なので、車について学ぶにも良いかもしれません。

○メンテナンスや修理、手を入れようとすると費用がかさむ。
 車が趣味で、金銭にも余裕があれば最高の車。 改造ベースにももってこいでしょう。
 しかし、仕事もかねてあっちへ行ったりこっちへ行ったり・・、楽しいのですが 酷使するには もったいない希少車です。   少しでも傷がつかないように、仕事道具や荷物を載せたり、降ろしたり、今やそんな余裕はありません!
 
という所です。

「良くしてくれる方に、譲れたらな。」
と。





パオについて、

距離-
相当旅に出ています。 15万9千○○キロ~(今も乗っているので、少しずつ増えます)、
タイミングベルトは83000キロで交換しています。

外装-
塗装剥げや日焼けが相当です。 小傷凹み。 

内装-
年式を思えば、なかなか綺麗です。
私が購入した7年くらい前とほとんど変わっていません。


機関-
エンジン/パワステオイル漏れ、エアコン故障、マフラーの穴等を確認しています。
製造されてから25年弱経ちますので、かなり劣化が進んでおります。
修理必須です。

私が所有してからは、サスペンションのへたれを修理してもらい、
先日左前方のドライブプーリー不調のため、こちらも新たに修理しております。

走行状態-
今現在でも使用しておりますのでもちろん走行可能です。
しかし、安心して乗るためには足回りなど調整が必要です。タイヤも交換しないといけません。

修復歴-
自身、一度も事故を起こしたことがありません。
購入時にも「修復歴なし」となっていました。




以上を考えると、

・自分で車を作り上げたい人、
・格安のセカンドカーを探していた人。
・10月まで?パオに乗ってみたい人。

もしくは、
外装や内装パーツに関しては手を入れたら使えると思いますので、
すでにパオを所有している方が、

・「部品取り車」として使う

事が良いかと考えております。



自身、カメラをはじめ、色々と直して使ってきました。
「直して使う」がモットーですので、車も少しずつ手を入れていきたいところ。

本来であれば、保管しておき、少しずつ直してゆきたいところですが、
駐車スペースや時間、金銭的にも余裕がないので、
せめてパーツだけでも誰かに活用されればうれしいと考えております。

廃車だけは避けたいなぁという心情です。

欲を言えば、今後購入予定の軍資金に、ほ-----んの少しでも足しにでもなればと考えていますが、
どうでしょう。 

格安にて対応しますので、ご相談いただければ幸いです。


そして、直して、色を塗りなおして・・、 
そうこうしていたら、市場価格になるのかな?

必要であれば、写真送付その他、状態をご連絡します。
現状を見ていただくこともできます。
10月までなら、そのまま乗って帰れます。

お気軽にご連絡くださいませ。



追記--
さきほど、中古車の情報をネットで調べてみましたが、
私が購入した当時よりもだいぶ数が減っていますね。
当時も希少でしたが、テラコッタ(茶色)が更に少なくなっており、値段も高めです。
青色系統は比較的数も多く、安めです。
(カーセンサーより、勝手にリンクさせていただきました)
※中国・四国地方にはパオ自体が6台しか登録がありませんね・・。(20140523時点)
-------


曇り空でしたが、撮影しました。2014/8/31
気軽に連絡ください。

フロント
P1090172.jpg

フロント
P1090175.jpg

フォグ
P1090176.jpg

屋根
P1090177.jpg

ボンネット
P1090174.jpg


追記)
車について、年式なりに小傷凹み錆ありますが、大きなものはありません。
個人的に外装に関しては、多少の事は味だと考えているので、そのまま乗っていますが、
ボンネットの塗装剥がれ、左側面の日焼けは普通の人なら気になると思います。

走行距離は先日見たときは16万くらいでしたが、
日々使っているので伸びています。
年式を考えれば走っていない方です。 もちろんメーターは弄っていません。
 ・・5~6万キロしか走っていない車を見るとなんだか逆に怖い気もしますが・・。

エアコンに関しましては、現在扇風機状態です。
以前ラジエタ冷却水の水温上昇の際、車内に水が出てしまったことがあり、
現在冷却水はエンジン部で止め、中までつながっていない状態です。 
それ以外の部品は、ガスの入れ替えも行い、問題なく使用出来ておりましたので、
修理は、ヒーターコア交換(5万~7万)で済むと思いますが、もちろん保証できません。
 
その他、タイヤは溝が無く交換が必要で、20年以上昔の車という事もあり、
年式なりの劣化がありますが、オイル漏れも、一か月に一回二回継ぎ足し走れば、問題ない程度です。
日々余裕が出来たら少しずつ直していければ良いと思われます。

また
気がついた事があれば書いていきます。



追記(201503)
現在、パオは手元を離れております。
上記記事は有効ではありません。


-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



2014フィールドオブクラフト倉敷 ワークショップ 木のおもちゃ小物つくり からくり キーリング作りいとひや 糸日谷晃

こんにちは、
今日はゆるりと起床、後片付けをしております。


ごろんと横になり、
気づけば夕方です。


ブログも度々見ては加筆しております。


いやはや疲れました。

2014フィールドオブクラフト倉敷 ワークショップ
 「木のおもちゃ小物つくり」
行ってまいりました。



ミニからくりは上手に組みあがりましたでしょうか?
やじろべえのバランス遊びのように、色々と考えながら遊んでみてください。

また、上の人形部は外れるので、
紙やフェルト、粘土などを使い、自分で作ってみてはいかがでしょう。
たくさん作って付け替えてみるのも面白いと思います。
色々考え、コウサクしてみてくださいね。

キーリング作りのほうは、日に当たると風合いも変わり、手で触ることが多ければまた違ってきます。

更になめらかになるまでヤスリで磨いてみるのも良いでしょう。
オイルの再塗付に関しては、ホームセンターの工芸用オイルでかまいませんが、
それを買っても使い切らないと思いますし、100%植物性のピュアオイルでは無い事が多いので、
料理用の荏胡麻油(荏油)や亜麻仁油などを流用してくださって構いません。
こちらなら余った時料理に使えますね。

使い方によりますが、何か月か、何年か、革紐が切れることがあります。
その時は是非とも手芸屋さんなどで材料を調達し、末永くお使いいただければ幸いです。

部品の紛失やその他疑問点など対応しますので、お気軽にご連絡ください。







当日の会場写真は撮影を全く行えず(全5枚、うち3枚はお手伝いさんが撮ってくれたもの)、
許可の関係などを考えると掲載できる状態ではないため、味気ないブログ記事となってしまいましたが、
本当にたくさんの方が参加してくださいました。


工作キットや教室の開催スタイルを考えると、今回の参加者数が限界でしょうか。



特に初日、お客さんが来場し始めると、息つく暇もなく、

切っては穴をあけ、
切っては穴をあけ、

機械のように過ごしました。



これが工房での作業なら、
肩が凝ったから一息入れてから再開~

というところですが、
子どもが隣で待っていたら、そんなことも言っていられません。
なにより、出来たものを手渡すと、良い顔で笑ってくれますし。





そうこうしていましたら、
若干手の震えも。


「慣れているから、大丈夫ですよー。」
とはいったものの、予想以上の作業の連続で慣れは関係ありませんね。


しかし、あけて翌日は、関係者や知人のおかげさまで、
台や体制も整い、ずいぶん楽になりました。

・・・
はずでしたが、


2日目に立ち寄ってくださった知り合いからは、
先ほど、「げっそりしてた」
というメールが・・。

他にも、当日に「痩せた?」と聞かれたのも、そうゆう事でしょうか。

おなかが引っ込んでいないので痩せてはいないはず。
なので、
だいぶ調子よく切っていたつもりでしたが、
加工の精度もスピードもずいぶんと落ちていたのかもしれません。
もしかしたら気づかないところで、そのあおりを受けてしまった方がたくさんいらっしゃるかもしれません。
申し訳ない。


今回の混雑で学んだことも多々ありますので、
次回に生かします。






・・






参加した方々、
喜んでいただけていたら何よりです。
不満や改善点のご指摘などございましたら、是非ともご連絡ください。

実行委員・関係者・友人各位、
はたから見ていて気づいた点、改善点などご教授いただければ幸いです。
誠心誠意受け止め今後の活動の糧とします。





お手伝いに来てくださったボランティアの方々、実行委員の方々には心からの感謝を。
おかげさまで終始木材加工に務めることが出来ました。

お立ち寄りくださった友人知人皆様にも感謝。
しかし、なかなか手も止めれず、ゆっくり話すこともできず残念。





イベント前日にかけては、トラブルがいくつか重なり、
教室開催も危ぶまれるような大きな事もおこりました。

けれども、奇跡的ともいえるタイミングでの出来事でしたので全て予定通りに事を運ぶことが出来ました。

日ごろの
 悪行 
  と 
 良行
が、プラスマイナス0となって現れた出来事かもしれません。
これも友人・関係者各位の協力のおかげです。
ありがとうございました。

期間中も問題など起こらず、忘れ物も一切なく(笑)、無事終える事が出来、あらゆることに感謝感謝です。
今思えば、結果として大きなプラスかもしれません。




ただ、ひとつ欲を言えば、
「みんなの作品が見たかったなぁ」


材料の加工に従事していたので、参加者が仕上げた作品を見れませんでした。

さらには
ある人から

「心がワクワクして元気になるような作品を作っていた子がいた。」
と言われたので、余計に


「しまったなぁ、見たかったなぁ。」


という気持ちです。

楽しんで作ってくれたんだろうと考えれば嬉しいけれど、
それが見れずに悔しい気持ちです。




まぁ、そこは
よくばり糸日谷」ですので、次こそは。





そんなこんなで、
活動を続けて行ける限り、
ぼちぼち頑張ります。


不肖ながら、いましばらくよろしくお願いします。












-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



クラフトデイズ 岡山県北 ゴールデンウィーク 体験型イベント 反省 まとめ

クラフトデイズ
行ってまいりました。

2日とも天候に恵まれました。

テント内にはいつも誰か参加者がおり、
その方々もゆっくり工作を楽しむ時間を持っており、
子どもに製作を急かす人もなく・・良い参加者ばかりに恵まれました。


教室を手伝いに来てくださった方、
毎度参加してくださる常連さん、
色々な会場でお会いし、顔なじみにもなったクラフトファン、

・・などなど、その他にも様々恵まれまして、

自身が参加してきた屋外クラフトイベントの中でも
指折り数えるほど、
満足度の非常に高いイベントとなりました。









当日の過ごし方としては、
いつも通りの屋外クラフトイベントの雰囲気がベースの・・・


----
のんびりとした時間。
磯崎新設計の美術館と、雄大な那岐山を背景に、

工作を楽しむ子供たちを横目に、親御さんとの会話も楽しみながら、工作指導。
立ち寄ってくださった知り合いとの世間話もしながら、作家同士の交流を深めつつ、
のんびりと、けれども充実した2日間を過ごす。
------






・・というイメージを想定していました。





が!!



予想に反した、ドタバタ劇。



お昼も、トイレの時間もとれず。
普段出さない大きめの声でテント内をバタバタ駆け回っておりました。

そのおかげか、昨晩より喉が腫れて、熱が・・
重いものを持ったり、中腰で糸鋸の指導をずっとしていたので、
腰も痛い(歳ですな・・。)

そのため
今日は予定をキャンセルし療養しています。




そんな時は、ブログの更新にかぎります。

あとは、イベントのまとめ、反省。

今回は特に反省点が多く、
自戒のためにも恥をここで晒します。



申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。




(以下反省点)

①店頭用に案内板を製作しておいたのですが、2日連続で忘れました。
 急遽、手書きで代用。 説明不足の紹介文だったと思います。
 受付をお任せしたボランティアさんに迷惑をかけてしまった。 申し訳ない。

②「キーリング作り」用の配布物を忘れた。
 これがあれば、参加者も流れを理解しやすかったはず。
 上のものと一緒に用意しており、これも二日連続忘れました。 面目ない。

③「簡単からくり作り」用の配布物も忘れた。
 同上。 導入時にサンプルを見ながらなるべく丁寧に説明したつもりでしたが・・・、
 図があった方がわかりやすいにきまってますね。 ごめんなさい。

④持参した展示台のテーブル脚の金具が外れてしまい急遽修復。設営準備が遅れた。
 ネジ・ボルト、金具類の確認を!  

⑤上記項目群の影響で、参加者個々に説明する項目、時間や案内が増加。
 準備と教室、片づけに掛かりっきりになり、他がおろそかになってしまった。
 混みあう時間帯は更に余裕がなくなり、一人でこなせるキャパを超え、
 参加者をお待たせすることもあった。
 
 参加くださった方、お待ちくださった方、立ち寄ってくださった方々ありがとうございます。
 差し入れなど、ありがとうございます。 挨拶もろくに出来ず、申し訳ない。
 参加を断念した方、申し訳ありませんでした。

⑥そんなこんなで初日、車を近場に停めたまま開催時間になってしまった。
 邪魔になっていたはずです。 

⑦教室以外の販売品キャプションも忘れた。
 詳細が分からない。 受付ボランティアさんも説明できない。申し訳ない。 

⑧参加者の作品や制作風景の撮影に時間をとれないのは、指導を優先するため仕方ない。
 しかしカメラの電池が切れたのは問題。 これでは余裕が出来たときに記録できない。
 都度電源を切って、きちんと充電しなければいけない。
 
⑨加工のずれ
 当日に行った一部の方への穴あけや切断加工について、最大1ミリのズレが生じてしまった。
 小物製作においての1ミリのズレは、人によっては非常に気になる問題。
 使用に問題なく、参加者も理解してくださったといえ、手間と集中力をかける事で改善できる事。
 申し訳ありませんでした。
 
⑩油断
 そこまで忙しくはならないだろうと考えていた。
   (いつも通り、ブログ文頭のイメージのように過ごす予定)
 電動糸鋸盤の対応も余裕で出来るだろうと・・・いう見込み・・でしたが
 実行委員をはじめ、町の人の力とゴールデンウィークパワーで予想以上の盛り上がり。
 参加者の人数も正確に割り出せない。
 これを油断と言わずなんと言おう!


反省。








---------------

以下、
なんとか撮影できた写真。ブログ掲載許可を頂きありがとうございます。
また、機会などございましたら、遊びに来てください。
(キーリングつくりやオルゴール作りの参加者作品など撮影できておりません。残念・・。)

下はミニからくり作り-アレンジ作品
ほぼすべての人が電動糸鋸盤、ドリルの穴あけ作業を体験できました!


P1080926.jpg
P1080925.jpg




下は「工作キット やじろべえ」
のアレンジ作品


P1080924.jpg
P1080922.jpg




さて、こちらのやじろべえ作品。

2_201405061154339d6.jpg

人形をオレンジ耳の黒猫、ライオンのようにアレンジしています。

P1080923.jpg

下部の錘には魚がついています。
500と書いてありますね。

「これは何?」
と尋ねたところ、 

「魚に500円玉を盗られたんだよ」
とのこと。

彼はお話を作って工作したようです。
上部の人形猫が、下の魚が持つ500円をとり返そうとするも、
届かず・・という構図でしょうか。

もしくは、下にいた魚を取ろうとのぞき込んだら、
500円玉を落としてしまって盗られたのか・・・。



ふと、
イソップ童話の「よくばり犬」のイメージが浮かびました。
※知らない人は検索してね。






よくばり・・・・






「参加者には、

キーリング作りと、やじろべえ作りと、
オルゴール作りと、からくり作りと・・・いろいろ選べるようにして・・

色紙とはさみがあれば・・紙工作もできる。
色を塗れるようにして、毛糸も持っていこうか・・・

糸鋸盤があれば、機械を使う経験もできるな。
それならボール盤も持っていこうか・・

ハンドルータも持って、やすりは3種類持っていこう・・
あとは・・あとは・・・




・・よくばりでした。
油断しておりました。

一人で対処するにはギリギリです。






反省。


よくばり糸日谷です。


反省。






私の人生はいつもギリギリ、崖っぷちです。






さて、
お次は、倉敷芸文館前広場にお邪魔します。フィールドオブクラフト倉敷です。
http://field-of-craft.com/

2014年5月17日(土)/18日(日)の10:00~17:00 ※雨天決行
場所:倉敷市芸文館前広場
(問)フィールド オブ クラフト実行委員会
電話086-275-2802


こちらでも
ミニからくり作りを行う予定です。

他には予定しておりませんが、
キーリング作りくらいはできそうです。

いや、
こちらは相当な混雑が確定してますので、無理はやめようか。





でも、どうせするんだったら
色々出来た方が参加者も楽しいし色々な「体験」が出来るよなぁ・・。





うーむ・・。




お手伝いの方がついてくださる予定だから・・
あれとこれと・・

それと・・・
これもできるんじゃないか・・?





そうしたら・・



あれを持って、これも持って
・・








・・いやいや、

無理はしない。
反省。





・・



でも
やっぱり・・




・・・




・・ふむむ・・

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。