いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

終幕

本日、2009年11月30日、

後山・現代玩具博物館は閉館しました。



そして、最終日の今日、

オルゴールの紹介、おもちゃツアー、工作教室、

これらの業務を行えた事を嬉しく思います。







勤め始めて三年弱、あっという間でした。

とても残念です。





湯郷へ移転する事で、

博物館は、どのようになるのでしょう。

検討がつきません。





博物館も、スタッフも、色々と考えなければならない。

そんな時期にきたのでしょう。





私も、色々と考えることがありそうです。












-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



匠 - 糸ノコおもちゃコンテスト2009

先日、長野県木曽郡で行われた、

【糸ノコおもちゃコンテスト2009 】 に作品を応募しました。



限られた材料で、どんなおもちゃを作るか・・

それがテーマです。





すぐに浮かんだアイデアは、

「積木パズル」や「タイヤが回ると、各部が動くおもちゃ」・・・・など。

しかし、課題の材料が手元に届いて、悩みました。



10cm×10cm×1.5cm・・・・ ?

CDよりも小さいじゃないか・・・

この板で何が出来るのだろう・・・

ましてや、からくりなんぞ出来ないだろう

・・・と。





早速、デザインを考え、イメージスケッチを描くことに。

・・・しかし、いまいちピンときません。







「他の作品より目を惹くような、大きな迫力あるものにしたい。」

そしてなにより、



「驚き」



のある作品にしたい。

そんな思いがありました。





考えていく中で、作れそうなものを作っても満足いかないだろうと考え、



では、

「作れないものを作ろう」

と考えました。





一番初めに考えるのを断念した、からくりです。





どのように部品を切り取れば、たくさんの部品が取れるのか。

何が作れて、何を諦めなければいけないか。

それはパズルのようで、自分の技術と一枚の板との戦いでもあります。





はじめは、親鳥が羽ばたき、雛に餌を与えてるシーンを作ろうと考えていました。

あわよくば、もっと複雑に・・・。

しかし、いくら計算しても思うように板から部品が取れずに断念。





紆余曲折あり、

最終的なデザインは、鳥の羽ばたいている姿を採用しました。



加工は全て糸のこ盤。



大きな機械で正確な切断をしたいところですが、そういったものは、

鋸刃も大きく、材料が大きく削られ、作品に使える量が少なくなってしまいます。



その為、鳥の羽の厚さを揃えながら、割れない様に何枚も切る事には苦労しました。

支給された材料で作るため、失敗は許されません。













また、羽が動くだけでは、動きが緩慢だと思い、途中、首も動くようにデザイン変更。

結果かわいらしいサイズのからくりが出来ました。





そして、それを認めてもらえ、見事、匠賞を受賞。

賞品として頂いたのは YUTAKAの集塵機付自動カンナMS-330 GT













これでまた、自由な作品が作れます。



応援して下さった方、ありがとうございます。





これからもまだまだ精進していきます。

応援のほど、よろしくお願いいたします。



-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



第1回おかやま骨董アンティーク市

時を経たものに興味があります。

巨木、化石、遺跡・・・



骨董も好きで、ふらっとお店を見つけては、

ついつい、いらないものも買ってしまいます。





2009/11/22(日)・23(月・祝)、には岡山にて、第1回おかやま骨董アンティーク市が開催されます。





以下、新聞記事抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・



骨董文化の息吹を岡山にも。

この秋、岡山市の問屋町で中四国有数の骨董市を初開催します。

岡山県内中四国に加え、九州や大阪からも出店される品々は、和物の古美術や古民具といった 定番品から欧米、アフリカのアンティークまで幅広く出品予定。

時代を超えた味わいのある逸品を、あなたもぜひ掘り出してみてください。

【同時開催 木工クラフト作家展】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





骨董品を探すことも楽しみですが、

今回は同時開催の木工クラフト作家展も楽しそうです。



少し出品させていただくことになり、22日は会場にいます。

手のあまりかからないような小物を幾つか作りました。

よろしければ見に来てくださいな。



では。








-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR