いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

オートバイ

私事なんですが、車をもっていません。

毎日、バイクで通勤しています。



山なので、天気が変わりやすく突然の雨に逢うこともしばしば。

60キロ以上で体当たりしてくる大型の昆虫もたくさんいます。

(バイクで走った時の相対速度)



雨の日も風の日も、台風であろうが、雷が鳴ろうが、全てカッパを着て凌いできました。

しかし、冬になれば、路面が凍結し、雪が積もります。

当然、カッパでは凌ぎきれないので、車を買うことにしました。



そうして、ふと思いました。



木で出来た車のおもちゃはよく見かけますが、

オートバイは、あまり見かけませんね。



三輪で、子どもが乗れる大きさのものはあるみたいですが、ミニカーのような、転がして遊ぶもの、

有名なものでは、ケラー社、プレイサムのサイドカー付きなどありますが、多くはないようです。



                                    〈ケラー社のオートバイ〉

2b3b6c00.jpeg今までにない木のオートバイを作ろうと思い、スケッチを描いています。

子どもが遊びやすい形、癖のない形、二輪でもちゃんと立つように・・・など、

考えていくと、また、ふと気付くんです。

ケラー社の作品に、形が似ているな、と。



                         〈プレイサム社のサイドカーの付いたオートバイ〉



本日は、シンプルで美しい形のおもちゃをたくさん作っているケラー社についてのご紹介。



ケラー社は1864年にドイツのシュツッツガルト近くのコッピンゲンで創業しました。

クリスチャン・フォーゲルが家族ぐるみの小さな工房で、水力を利用して製作していましたんですね。

現在では、後継者がいなくなってしまい、1888年に生産権を譲渡し、

四代目のカールロバートコーン氏は、商品のアドバイザーとなっています。

〈ケラー社の作品〉

89d79dc5.jpeg彼は、あるインタビューで次のように語っています。

「おもちゃはこどもたちに、彼らがこれから生きていく世界の最初の印象を与えるものです。

ですから、形や機能には十分な配慮が要求されます。

私たちは新しい技術の力を借りようと考えていますが、やはり昔ながらの手作業による仕上げをいつまでものこそうとおもっています。

心を込めて子どもたちに手渡すことをその作業を通して確かめなければならないと思うからです。」



ケラー社では、おもちゃを考える時、まず2、3の試作品を作り、

そこから、また30パターン程作ります。

その後、幼稚園で実際に遊んでもらい最終的な案を決めます。

いくつもいくつも作った中から一番いいものを選ぶんですね。

洗練されたデザインは、やはりそう簡単にできるものではありません。





これから、また

スケッチを描き、試作品を作らねば、と考えています。

どんなものが出来るのでしょうか。

どうしようもないものが完成しそうで怖いです。













-------------------------------------

作品ギャラリーは、ホームページにて、
→こちら

木のおもちゃ 作品のご購入は、ネットショップから
→こちら








-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



相棒

  • 2007/10/20 18:35
  • Category: 雑記
きのう指を切りました。

情けない。



刳り小刀の新しい柄を作ろうとした矢先の出来事。



鞘を持ったつもりが、刃の部分を持ってしまって、

強めに引いてしまったので、ぱっくり切れました。



人と会話しながら、刀を触ったのと

鞘の収まりが悪くなっていたのが理由です。



鞘が少しずれているのに、そのまま刃を出す動きをし、

触れた瞬間 、



「 あ。」



と思ったけど、手遅れでした。



刃に触った時点で、止めればよかったものの、

何度も繰り返してきた動き。



その先の命令がすでに頭から手に送られていました。





気を他に向けてたり、楽をしようとすると駄目ですね。

まだまだヒヨッコなので 、 木目、刃の入れ方、その他諸々、

色々と考えながら、

刀と相談しながら、作業しなければいけません。



この刃と付き合って四年目になりますが、

それをサボると 、 こうやって、

たまに、怒られます。


 





 





-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



草刈

今日は草刈りをしました。



博物館の前には、たくさんのアジサイが咲いています。

斜面を鎌で地道に草刈り。



アジサイと他の花を傷つけないように注意して、

花と花の間は鎌でも無理なので一本一本、雑草を引き抜きます。



一人ではなかなか終わりません。

きりのいいところで切り上げました。





ちょうど一組のお客さんが出てきたところでした。

そこには、おばぁちゃんと、息子(娘?)夫婦の三人組。



おばぁちゃん

「腰がまっすぐになった!」「歩けるよ!」



夫婦

「すごいすごい!」



・・・・。



中で何があったんだろう。

おもちゃとオルゴールの博物館なのに、

少し不思議でした。





たしか入館する前は、ゆっくりとした足取りで 、

支えられながら、博物館に入っていったと記憶してます。

しかし、出てきた時は、元気に一人で歩いていました。









・・・こんな話を以前、先輩から伺いました。

ご家族で博物館へ遊びに来てくれたお客様の話。



ご家族でテーブルゲームをして遊んでいたそうです。

おばぁちゃんも一緒に、楽しいひととき。



遊んでいたのは、スティッキーというバランスゲーム。

棒を、崩さないように、一本ずつ抜いていって、得点を競うもの。



おばあちゃんは、勝つために、なんとか得点の高い棒を取りたい。。

しかし、車椅子ということもあり、今の自分の位置からは、難しい。



・・そして奇跡が起きたそうです。



滅多なことでは車椅子から立ち上がらない、おばぁちゃんが、

そのときばかりは、車椅子から立ち上がって、

高得点の棒を取ることに、見事成功したそうです。







・・・・ 自分は話半分、笑い話として、先輩の話を聞いていましたが、



それは、本当なのかもしれません。 

おもちゃや、オルゴールには、人を動かす何かがあるのかもしれない。





今日、おばぁちゃんの姿を見て、妙に納得しました。











帰り道、



おばぁちゃんは、とってもいい顔をしていました。












-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR