いとひや 糸日谷晃

・プロフィールや製作品、これまでの活動については、≪ホームページ≫
・現在販売している品物について、ご購入などは ≪ネットショップ≫
・オーダーメイド品(からくり、おもちゃなど)製作依頼、工作教室の依頼やその他お問い合わせは、≪お問い合わせフォーム≫

今後の予定 製作・展示・販売・工作イベント情報など 


編集中

フィールドオブクラフト倉敷 工作教室、カギ作り、モビール作り。 糸日谷 いとひや

フィールドオブクラフト倉敷 ワークショップ(工作教室)
木ロック作り(木の南京錠作り)、モビール作り(カラフルモビール)につきまして、

参加を予定してご来場いただいた皆様方、
お待ちいただいたのにもかかわらず、参加できなかった方、
当方未熟なため方々対応に至らぬ点が出てしまいました。 
大変申し訳ございませんでした。

事前に担当者と相談の上、用意する材料数を決め、それ以上のキット数を製作して持参しましたが、
予想を大きく上回る参加者がありました。当方にとっても初めての出来事でした。


カギ作りの素材、モビール作りの素材につきまして、
希望される方は新たに製作させていただこうと考えています。
(※5月末まで注文受付、6月上旬順次発送。)

ご希望の方は、
ご来場の日時(大まかな時間)、当日お問い合わせいただいた方はお名前などを明記の上、
当工房のお問い合わせページより、ご連絡をお願いします。
該当品の送料につきましてはすべて負担させていただきます。

また、体験お持ち帰り後の該当品に、
万一不具合など見られるようになった場合、
新規キットと無償にて交換させていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。



-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



今週末はフィールドオブクラフト 倉敷で工作教室です。(2017/05/13-05/14)

当日会場でお作りいただけるのは下記2種類です。
デザインや仕様を考慮したので大人も作って楽しいと思います。
 ※小学校3年以下の子は親御さんが必ず補助してください。

〇 木ロック
P1100586.jpg P1100582.jpg
身近なからくりを探したところ、カギに行きつきました。
いつも通り頭を捻って、作りやすそうな加工、最小限の構造を考えてみました。

注意点は一点。
見かけによらず簡単な構造/仕様に仕上げてますので、
小学校低学年の子も大人の話を聞きながら、一人で作れる子も多いと思います。
だいたい10-15分ほどで出来ると思いますが、人それぞれ。

 
〇 モビール (ハートタイプ、スタータイプ)
 P1100565加工 P1100570加工

ハートや星の枠の中にカラフルな色紙や、透ける紙を挟んで、
オリジナルのモビールを作ります。

紙と木を使って、
自分のカラーにするべく考えて、
切って、貼って、ヒモを結んで、組み立てて、調整する。
こちらは「工作」らしい「工作」の要素を盛り込んでます。

色付けや素材選びに時間がかかるかもしれませんね。
ここが参加者のこだわりどころ。
作りごたえは、木ロックよりも上、所要時間は15分-30分くらいでしょうか、
時間も手間もかかります。


どちらの工作題材も年齢制限はありません。
過去工作教室の最年少は2歳です。 
親は簡単な補助のみで、自分で作っていました。
ゆっくり教えながらだと、作れる子もいるんです。
すべては親御さん次第。



・・

当日は説明書を同封したお持ち帰り用もいくつか用意しますので、
混雑時や、お土産などにそちらもご利用いただけましたら幸いです。


なお、定番の工作キットも持参します。
会場で作ることは出来ませんのでお持ち帰り専用です。
店舗やネットショップよりだいぶ安くなってますのでこの機会に是非どうぞ。


はたあげ人形http://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-175.html
1000円
      P1070481.jpg P1070160.jpg

やじろべえhttp://itohiya.blog.fc2.com/blog-entry-332.html
1200円

P1100384.jpgP1100382.jpgP1100383.jpg


ぐるぐるオルゴールは、犬タイプが残りわずか。
猫タイプなら幾分かあります。
3500円

P1100354.jpgP1100333.jpg  P1100342.jpg P1100347.jpg 




ではでは、準備も佳境。
急がねば・・。

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



鳥取わらべ館 エントランスギャラリー。

本日、
鳥取のわらべ館、エントランスギャラリーへの搬入・展示を行ってまいりました。


この度、
鳥取では初めての工作教室を
10月6日(土)に開催するわけですが、
<工作教室の詳細リンク>
※場所柄、子供向けの教室になるかと思われます。




それに先立っての「糸日谷晃展」です。




工作教室をすると決まった、
ちょうど同じ頃に、エントランスギャラリーの展示者募集が始まり、

せっかくだからと申し込みをさせていただきました。
※こちらのスペース「エントランスギャラリー」は、誰でも気軽に申し込み可能。
(スペース展示応募詳細)






そして幸いなことに展示者第一号になりました。

良いデモンストレーションになるといいなぁ
と思うのですが、いかがなものか。








今回の展示分に関しましては、
ケース内で展示を行えるという事もアリ、

普段、なかなか展示に持ち出せない

・犬とこども(家宝)
・ぶにゃんこ
・ぶわんこ  
・ゆりしか  
・つきうさ  

なども、展示中です。
作品の参考画像はHPをみてね。




また、
「鳥のからくり」のリニューアル版

「からくり 鳥」を

初披露しております。
(丹波クラフトフェアにも、販売用にもう一体を持参予定です)





もちろん、定番作品も展示。

展示品は、全部で平ケース3台ぶん程の量です。





わらべ館駐車場に隣接している「ミュージアムショップ」では、
販売用の品を置かせていただきてますので、そちらも是非ご覧くださいませ。



昨年のわらべ館リニューアル後、まだ足を運んでない方がいたら、
この機会に入館されてみるのもいいかもしれませんね。


そしてそして、この機にエントランスギャラリーでの展示に
応募されてみてはいかがでしょうか。


コレクターの方や、趣味でモノ作りをしている方も大歓迎だそうです。
気軽に応募してくださいとの事。


是非ぜひ。









糸日谷晃展、
会期は、明日から(9/15)

~10/8(月)までです。









ちなみに、以前訪れた近くのスポットを紹介しますと
鳥取砂丘、鳥取城、仁風閣、賀露港 、おはよう堂・・
など。



砂丘は、人が少ない時期、時間や、
平日などに行くのがおすすめでしょうか。
天気が悪くてもそれなりの楽しみ方が出来ます。


静かな砂丘。

植田正治の世界を体感できるような気がします。






鳥取城跡は、
大変ですが、頂上まで登ると爽快です。
(城跡なので、山登りですね。)


以前登った際、
おじいさんが後ろから颯爽と抜き去って行ったので、愕然としました。






仁風閣では、建物はもちろんですが、その内の電球にもご注目。
タングステンの電球を使用しており、儚くとも美しい。





賀露港は、文字通り港です。
市場があり、新鮮な魚介を購入できます。
雰囲気を楽しむのもいいですね。

おやつ時には、ちくわ屋さんではちょこっとつまみ食い。
お昼時には、本格的に食堂でご飯と言うのもありでしょう。






おはよう堂は、
漁師の!  男の!  食堂だぜこのやろう!
というようなお店です。

まず第1に、卸市場の食堂なので間違いなく新鮮。
おいしい。


そして、第2に驚くのは量。
「腹減ってるだろ坊主! たらふく喰いな!!」
という量。
列が出来るという人気ぶりが伺えます。


お店の方もキビキビと働き、
出来る男だぜ、
袖の無いジャケット羽織るぜ。
と言う感じ。



その他、
ある方からは、史跡鳥取藩主池田家墓所もいいよと勧められました。
今度行ってみようかな。










ちなみに私、
鳥取に行った際は、

「風庵(ふうあん)」

という骨董屋によく立ち寄ります。




所狭しと置いてある中に、
たまに
  「うおっ!」 っとなるものがあり、

買ってしまうことも。

そちらもよければ是非。
(全く、縁も関係も無いけれど勝手に宣伝。)








また、昨今、
「鳥取は、まんが王国」
と言う話らしく、


国際まんが博が現在開催中とのことで、
わらべ館にも、マンガ関係の展示スペースがありました。


11月には第十三回国際マンガサミット
とやらもあるそうです。

なんだかよくわかりませんが。
なんだかすごそうです とっとり。



幼いころからマンガは身近な娯楽でして、なかなかに好きなものでもあります。
今度ゆっくり行ってみようかな。




そして最後は、カレーを食べて、
鳥取の名産、ラッキョウを食べて帰りましょう。
(鳥取は全国屈指のカレー消費量を誇り、らっきょうの生産量もベスト3。)








ちなみに私は、
カレーには福神漬け派で、
さらに最近はグリーンカレー。

作品に至っては、
漫画も、カレーも全く関係ございません。

あしからず。

-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



鳥取クラフトキャンプ 二日目。 フューチャリング 手作り飴屋さん

鳥取クラフトキャンプ、無事に2日間終了しました。(2012.8.25 - 8.26)

1日目とは異なり、
日曜となる2日目は、ステージ上でライブパフォーマンスも催され、


P1070232.jpg



会場に音楽が響き、お客さんも初日よりも多く来場されたようでした。
(暑さのためか、ステージにもテント・・。)





わたしはというと、
1日目の教訓を生かし、2Lの飲み物持参、
濡れ手ぬぐいを頭に巻き、丈の短いズボンを履いて会場入り。

そのおかげか、大分過ごしやすい2日目となりました。





テントに寄って、見てくださる方も増え、



「ここのチラシに写っていた、小さな写真を見て来たんですよ。」と、

目当てに来てくださった方もいて、嬉しいやら、暑いやら。




そして、なんと
まんが道のお兄さん」が立ち寄ってくださいました。


奥さんと娘さんももちろん一緒。



「まんが道ありがとう!」

(持参してないけど。)






そして、さらにこの日は、

特別に飴細工の体験をさせていただける機会も得て、
色々と嬉しい一日となりました。



P1070243.jpg

P1070241.jpg
(あめ細工や - blog http://ameblo.jp/amezaiku-ya)



題材は~、
前に我が家で飼っていた愛犬にしました。



ほんとうは茶色い模様が少し入るのですが、
私には再現できそうにないので、白だけで制作。



二つ作らせていただく事が出来、、

一つ目は、まんが道おにいさんの娘さんにプレゼント。(不細工な飴細工ですいませんでした・・。)
二つ目は、下の写真のように仕上がりました。


P1070239.jpg




・・左の白いのですよ。



そうです、犬に決まってるじゃないですか。
日本の犬種ですよ、どう見ても。









・・・
いやはや、
初めてなので当たり前ですけれど・・
難しい。





学生時、彫刻などの授業の一環で、
粘土や石膏で作品制作をした事もありましたが、


飴となると、また別物でした。




まず、手に取ると、けっこう熱い。
そして、素手でさせていただいたのですが、べた付く。

はじめは柔らかいので成形しやすい・・・・と、考えておりましたが、そうもいかず、
二回作っただけでは要領を得る事が出来ませんでした。


成型時は、ハサミで切り込みを入れ、摘む・引っ張るなどをして
手足を作るのですが、

飴特有のベタベタする性質で、くっついてきてしまい、
上手く成型できません。

「あっ、伸ばし過ぎた!」
「曲がりすぎた!」


そして、なんとか形を整えても、重力で、へにゃりと曲がり、伸びてしまいます。
それを直していると、指の温度の方が低いせいか、どんどん固くなり、

触れば触るほど、凸凹になってしまい、伸びる一方・・、
上手に成型できない!


そして、
こんな形に。


P1070238.jpg



不細工になってごめんよ・・。











そんなこんなで、
面白い一日はあっという間に過ぎ、撤収。

・・帰宅。







家に到着し片づけでバタバタ。





そして、手を休めて、

ふと
見たら、






あれ?







後ろ足で、首を搔いているじゃありませんか。








かゆかった?







写真で見ると、凹凸が分かりにくいですが、
しっかりと、後ろ足で首を掻いているんです。










P1070249.jpg







いやぁ、

これは、
食べられない。





もちろん、
単に熱で曲がっただけですが、





なんだか、
食べられないです。





とりあえず、写真を撮って、冷蔵庫へ。







そして、
ずっと放置していた携帯を見ると、
一件、メールが入っていました。



---------   メール文章、転載   --------

「暑さに疲れていた娘が、「○○ちゃん、アメ食べて元気になったー!」
と叫んでました。 まだ舐め続けています。 ありがとう~。

(※名前は、いちおう伏字にしてます)
---------------------------------------------

まんが兄さん(略)からのメールです。






飴細工は、見て驚き、食べて幸せ、
そういったものなのでしょうね。




私も、見て驚いたので
そのうちにいただくことにします。


きっと、飴細工の方も、食べられる事が幸せでしょう。





それまで、少しの間、
冷蔵庫へ。







そういえば、
散歩に、もっとたくさん連れていってやればよかったなと、
申し訳なく思っておりました。








食べるときは、

どこかに出かけるときにしよう。












さぁて、

どこに行こうか~。



















----------------------------

以下、工作教室のお知らせ。

(この間のブログ記事より転載です。)



近々開催の工作教室は、
工作キット-やじろべえ

「ぐるぐるオルゴール」 (※参考→ 以前行った教室の記事、その2
です。

2012年
9月2日 (日曜日)
兵庫県加古川の雑貨屋さん、
器と雑貨 moi
で開催予定。

夏休みの工作教室も、もう終わりですねぇ・・・。
あっという間の 夏休み。。




今回は、
お店の方の提案で、組み立てのみの教室です。
(色塗りや仕上げは、お家でやってね!)


そして、定員は、3~4組と、大変少ないので・・、
ご予約は、お早めに!


ではでは~、




まだまだ夏は続きます!
良き工作ライフを!!!


-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



からくりさんの展覧会  ~からくり人形や木のおもちゃ、インテリア・オブジェなどの展示~

さぁさ、もうすぐ始まります。
「からくりさんの展覧会」


からくりさんうら

2012.7.18(水)~8.5(日) 10:00~18:00 (最終日16:00まで)
会場: 倉敷美観地区 日本郷土玩具館 プラスワンギャラリー
>>> HP 
>>> BLOG



倉敷美観地区にあります、日本郷土玩具館内、プラスワンギャラリーでの三人展です。

岡山県北の ものつくり人
若林孝典・関野倫宏・糸日谷晃

の作品が一度に見れるチャンスです。
まさに、三者三様とは、この事でしょう。

からくりあり、木のおもちゃあり、時計あり、オルゴールあり・・・
その他、各々独自の感性で制作された作品が並びます。

毎週末、ワークショップが開催され、
アクセサリーやら、からくりやら、オルゴールやら、色々作れます。

>>> ワークショップ詳細

※【ご予約は、お電話かファックスで】
日本郷土玩具館 プラスワンギャラリー
tel.086・422・8058 fax.086・422・8028


私は、 「犬or 猫のオルゴール作り」です。

>>> 参考 (以前、開催した時の様子)


今回は、教室の時間が、1時間・・と少なめなので、

「好き勝手に、こうさくして下さい!」
というような、糸日谷的工作ではなく、

「いかんせん、このパーツは・・  であるからして。。。」
と、普通?の工作教室になってしまうかもしれませんが、



まぁ、失敗しながら、楽しく作りましょう!



「参考作品」
P1070039.jpg
P1070040.jpg
P1070041.jpg
P1070043.jpg
P1070044.jpg

(おまけ) 
撮影待ちのイヌ、ネコたち

P1070038.jpg




-----------------------------
玩具造形 いとひや
HP : http://itohiya.ikidane.com/
BLOG : http://itohiya.blog.fc2.com/
NETSHOP : http://itohiya.cart.fc2.com/
問い合わせ: http://itohiya.ikidane.com/contact.html



Pagination

Utility

プロフィール

糸日谷 晃

Author:糸日谷 晃
東京造形大学にて美術/デザインを学び、博物館に就職。
学芸員のほか、工作室の運営を兼任。
ワークショップをはじめイベントの企画や、その題材のデザイン・開発を手がけ、講師を務める。

現在は、鳥取・兵庫・岡山の県境、山間で工房を営み、活動中。

からくり作品ほか、仕掛けを応用したおもちゃを製作。
工作教育の普及に努め、題材を開発・製作。 各地で工作教室を開催。

「複雑なモノの中から、
素朴でシンプル、実直で美しいものを探している気がします。」


取り扱い先は、ギャラリー、インテリアセレクトショップ、博物館、木のおもちゃ店など様々。



【製作】
からくり(オートマタ)オルゴール、インテリア小物・雑貨、工作キット、各種オーダー品など。

【活動】
上記品の企画、デザイン、製作、各地での発表、展示・販売、からくり工作ワークショップの開催など。


ホームページ
http://itohiya.ikidane.com/

ブログ
http://itohiya.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR